• ホーム
  • 自分で現金化
  • お金が無い!
  • 現金化の疑問解決
  • 現金化業者比較
  • お金の裏技
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • 自分で現金化
  • 金券の現金化
  • 金券ショップで現金化
  • Amazonギフト券現金化
  • 電子決済サービスで現金化
  • 電子ギフト券の現金化
  • 電子マネーの現金化
  • ポイントの現金化
  • 転売・買取で現金化
  • 携帯キャリア決済の現金化
  • 後払い決済現金化
  • 外貨・仮想通貨で現金化
  • お金が無い!
  • ギャンブル
  • 債務整理
  • 給与ファクタリング
  • 融資・カードローン
  • 現金化の疑問解決
  • クレジットカードマニュアル
  • クレジットカード別
  • 現金化のよくある質問
  • 現金化のリスク・詐欺被害
  • 現金化業者比較
  • お金の裏技
  • お問い合わせ

QUICPayを換金・現金化する方法について調べてみました。

マネーハック研究家・当サイト管理人

QUICPay(クイックペイ)は、JCBが運営する電子マネーで、docomoの「iD」同様にポストペイ方式で、クレジットカードと紐づけて、後払いで商品を買うことが出来ます。

じゃあ、クレジットカードでいいじゃないか?
というとそうでもなくて、

例えば、クレジットカードだと、お店によっては、いちいちサインをしたり、伝票を確認したり、レジでスキャンしてもらったりという手間があります。

でも、電子マネーのQUICKPayであれば、読み取り機にかざすだけで支払いができます。

また、最近の電子マネーは、様々な電子マネーと変換可能になっているので、うまくするとクレジットカードでも買えないものを買うことが出来たりして、クレジットカード同様に現金化の手段として利用されることがあります。

QUICPayによる、高額商品の転売、金券購入、返品を使った現金化の方法から、QUICPayの現金化に関する規約違反などについて調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

QUICPayの特徴

電子マネー タッチ
QUICPayはJCBが提供しているサービスです。
ですから、JCBカードと紐づけして使うことで様々なメリットがあります。

3種類から選べる

QUICPayには「ポストペイ型」「プリペイド型」「デビット型」の3種類のタイプがあり、自分のスタイルにあったタイプを選ぶことができます。

・ポストペイ型
クレジットカードと紐づけする後払いのカードです。
支払い分はそのクレジットカードと合算され、後で一緒に引き落とされます。

クレジットカードと一体型になっているものや、スマホのおサイフケータイで使うことができます。
一番主流で利用者が多いのが、このポストペイ型です。

対応しているクレジットカードはJCBグループとジャックスです。

・プリペイド型

QUICPayのプリペイド型は、auウォレットカードプリペイドと一体型となっています
そのため、まず「auウォレットプリペイドカード」を作る必要があります。

auユーザーなら作りやすいでしょうが、docomoやソフトバンクユーザーには少し抵抗があるかもしれません。
auユーザーでなくてもこのプリペイドカードは作ることができます。

プリペイドなので、事前にチャージが必要になります。

他に対応しているプリペイドカードはkyash、JCBグループ、LINE payです。

・デビット型

QUICPayのデビット型は、JCBデビットカードの申込みが必要です。
現在全国27の銀行で取り扱っており、それぞれの金融機関から申し込みできます。

JCBデビットカードからQUICPayで支払いし、自分の口座から即座に引き落としされます。

加盟店が多い

今は様々な電子マネーが存在していますが、QUICPayは使える店舗数が多いのも魅力です。

加盟店が多いということはそれだけ、多く利用できるということでポイントも貯まりやすいといえます。

コンビニや大手のフランチャイズレストランなどではほぼ使うことができます。

また、ショッピングモールや家電量販店、ガソリンスタンドなど全国に店舗を構えるお店などでは使えることが多く、QUICPayは非常に普及している決済方法と言えます。

チャージの必要がない

主流となっているポストペイ型なら、わざわざ事前のチャージをする必要はありません。
お店の端末機にかざすだけです。

また、クレジットカードのようにサインをする手間もありません。

補償が受けられる

このQUICPayは紐づけしているクレジットカードと同一の補償を受けることができます。
QUICPayが紛失や盗難に遭った場合、被害額等は補償されます。

利用登録の方法って?

女性 スマホ ポイント
QUICPayはポストペイならクレジットカード会社、デビットなら取り扱っている金融機関から申し込みします。
もし今持っているクレジットカードがJCBグループであれば、QUICPay対応できるはずですから、直接クレジットカード会社に問い合わせてみると良いでしょう。

手持ちのクレジットカードにQUICPayを付けることもできます。

各クレジットカード会社により、カードまたはモバイルでの利用が可能です。
QUICPayの公式サイトから対応のクレジットカードを確認し申込みしましょう。

年会費って?

女性 スマホ レジ
これはQUICPay発行会社によって異なります。QUICPayの付帯のあるクレジットカード会社に確認しましょう。

ただ基本的にQUICPay自体に年会費などは発生しません
登録手数料もありません。

紐づけするクレジットカードに年会費があれば、その費用だけです。

ポイントが貯まる

ポイント アップ
電子マネーにもポイント制があり、貯めている人も多いはずです。
QUICPayはというと、QUICPay自体にはポイント制はありません。紐づけしているクレジットカードにポイントが貯まります。
QUICPayを使うたびにクレジットカードのほうにポイントが付くという仕組みです。

ですから、紐づけするクレジットカード選びが重要です。自分でクレジットカードを選ぶことができるので、ポイント還元率の良いクレジットカードを紐づければポイントが良く貯まります。

未成年でも利用可能?

高校生 スマホ
QUICPayは未成年でも持つことはできます。
ですが、親の承諾は必要となります。内緒で作ることはできません。また、QUICPayでは「おこづかいQUICPay」というものがあり、こういった電子マネーではまれに見る10歳から持つことができます。月3万円まで利用でき、利用すると親の携帯へメールが届き、使用履歴が分かるというものです。

QUICPayはポストペイなのでクレジットカードの設定が必要です。クレジットカード自体未成年では基本的に申し込みができません。親の承諾があれば未成年でも利用可能です。

キャンペーンでお得?

女性 スマホ
QUICPayでは、様々なキャンペーンを実施しています。
例えば、指定の家電量販店で3,000円以上のお買い物をして応募すると、抽選で1,000ポイントまたは50,000ポイントもらえたり、食べログとのコラボで対象店舗での会計時、QUICPayで支払いをすると5~15%がその場で割引されたり、土日にQUICPayを使うと総額100万円が毎週当たる企画など、常にお得なキャンペーンを実施しいています。多少なりとも現金で支払うよりお得になります。

QUICPayの利用限度額は?

スマホ 支払い
QUICPayの1回あたりの利用限度額は、2万円となっています。

ただし、QUICKPay+(クイックペイプラス)の加盟店であれば2万円以上の支払いにも使うことができます。

支払いは、クレジットカードと合算されるため、総合的にはクレジットカードの上限がQUICPayの限度額になります。

例えば、クレジットカードの上限が50万円のカードで、クレジットカードで10万円の利用があれば、残りの40万円分はQUICPayで使うことができるということになります。

1回あたりの限度額は決まっていますが、月の上限としては特に決まっていないため、クレジットカードの残高分はQUICPayで使うことができます。

ユニクロの返品制度でQUICKPayを現金化

レジ 現金
電子マネーで商品を購入したあと、やっぱり返品したいといった場合、お店側の対応は電子マネーのキャンセルではなく、現金での返金となる場合があります。

お店もキャンセル処理が面倒なので、現金で返す店舗も少なくありません。

例えば、ユニクロでは、支払いにQUICKPayが使えますが、商品の返品をする場合、通常では、電子マネーの支払いがキャンセルとなって返金になりますが、購入したのと別の店舗へ行くとキャンセル処理ではなく、現金による返金で対応してもらえます。

この方法を使えば、100%で現金が受け取れます。

手間もあまりかかりませんし、ある意味裏技といえます。

QUICPayでAmazonギフト券の購入はできる?

女性 スマホ 考える
Amazonギフト券の買取は高換金率が期待できます。
QUICPayでAmazonギフト券を使った現金化はできるでしょうか。

調査したところ、QUICPayでAmazonギフト券の購入はできません。

Amazonでは今現在、「楽天Edy、iD、Suica、JCB PREMO」のみ支払いに対応しており、それ以外の電子マネーでは支払うことができません。

今後、QUICPayがもっと普及し、支払いに対応してくれたらよいのですが・・。

QUICPayで現金化は規約違反?

女性 ばつ
QUICPayを使って現金化する行為は違法なのでしょうか。
クレジットカード現金化はカード会社の規定により、違反行為にあたります。

ですが、電子マネーについてそこまでの規約は書かれておらず、電子マネーを使って商品を購入してそれを売りさばいても違反になるかどうかは不明です。

違反行為だったとしても、クレジットカードを使って現金化するよりは、電子マネーを間に挟んだほうがカード会社にはバレにくといえます。違反にならないとは言い切れませんが、電子マネーを使った現金化はばれにくいといえます。

QUICPay現金化の際の注意点

女性 指差し

支払い回数は1回払いのみ

QUICPayの支払い回数は1回しか選択できません。

クレジットカードと紐づけされているなら、分割やリボが選べても良さそうですが、支払いは1回のみなので、現金化で利用する場合は注意が必要です。

頻繁に現金化に使うのは危険

カード会社ごとに違いはありますが、ポストペイ型なのでクレジットカードの明細に利用履歴が載ります。
どのような物を購入したかバレてしまいますから、換金性の高い物を頻繁に購入するのはやめましょう。

カード会社に現金化がバレれば、QUICPayもそのクレジットカードも利用停止になってしまうことも考えられます。
現金化自体、バレれば何らかのお仕置きがあることを忘れないでください。

損せずにクレジットカードを現金化するには

損せずに、安全にクレジットカードを現金化をしたいなら現金化業者を利用をおすすめします。

買取率が高く、即日振込にも対応してくれます。 自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減します。


ハピネス
評価 4.6
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区神宮前

来店不要・ウェブで完結、即日振込対応可能。業界最高水準98.8%

24時間・年中無休

おひさまクレジット
評価 4.4
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

あんしんクレジット
評価 4.3
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

ハピネス
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98.8% 東京都渋谷区神宮前

来店不要・ウェブで完結、即日振込対応可能。業界最高水準98.8%

24時間・年中無休

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

あんしんクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.3 98.8% 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

電子マネーの現金化 / QUICPayを換金・現金化する方法について調べてみました。 ( 投稿日 2018年12月12日 更新日 )
窪田賢太郎(くぼけん)マネーハック研究家・当サイト管理人
お金の裏ワザ研究所・クレジットカード現金化評判まとめ管理人。20代で700万円の借金を負うも独自の資金繰りで2年で完済。“知らない人は損をする”を信条に今まで200件以上の「お金の裏技」を研究。最近の興味は任意整理と消滅時効ハック。
お金の裏ワザ研究所公式Twitter(@kubokenlabo

関連の記事