レターパックをクレジットカードで購入して高換金率で現金化できるか調査してみた

レターパックをクレジットカードで購入して高換金率で現金化できるか調査してみた

レターパックは、A4サイズで4kgまでの書類や物などが全国一律料金で送れる郵便局のサービスです。日本全国一律510円(レターパックプラス)または360円(レターパックライト)があり、追跡やポスト投函もOKのため、とても便利で非常に利用する人が多いです。
こういったことからレターパックを必要とする人が多いので、転売に使う人も増えています。レターパックを上手に現金化する方法を教えます。

レターパックが購入できるお店

まずはレターパックを手に入れなければなりませんが、どこで購入できるのでしょう。

・日本全国の郵便局
・コンビニ(ローソン、ミニストップ、サークルKサンクス、デイリーヤマザキなど。セブンイレブン、ファミリーマートでは一部の店舗でのみ取り扱い)
・金券ショップ
・オークションやフリマアプリ
・Amazon
・郵便局のネットショップ

郵便局やコンビニなら全国の市区町村にあるので、一番購入しやすいですね。しかし、難点があるのです。

クレジットカードでレターパックが購入できるか?

まず、レターパックを購入する際にクレジットカードを使用して購入できるかがポイントです。
しかし、郵便局でもコンビニでもクレジットカード払いはできません。現金または一部電子マネーでのみの支払いです。

ではクレジットカード払いで買えるところはあるのでしょうか。
先ほど挙げた購入できるお店なら、オークションやフリマアプリ、Amazon、郵便局のネットショップならクレジットカードで購入できます。

オークションやフリマアプリ

ヤフオク、メルカリ等は利用者が多く、レターパックは出品されていることが多いです。決済時にクレジットカード払いを選択すれば購入できますが、手数料や送料は別途かかることが多いので少々費用がかかります。

ただ、運がいいと安く出品されていることもあるのでチャンスを待ちましょう。

Amazon

なんと世界最大級の通販サイトAmazonでもレターパックが取り扱われています。
日本郵便によって販売されているものなので安心です。Amazonなのでクレジットカード払いに対応しています。送料はかかるので、表示されている金額は送料込みの価格となっています。

郵便局のネットショップ

郵便局のサイトにはネットショップがあり、切手やハガキ、レターパックなども購入できます。こちらのショップならクレジットカード払いができます。ただし、3万円未満に限ります。5千円以上なら送料は無料になります。

また、VISAとMastercardにのみ対応しています。全てのクレジットカードに対応していないので注意しましょう。

電子マネーによる間接的なクレジットカード支払いが可能なのか?

電子マネーを使って購入できるところは、セブンイレブン、ミニストップ、Amazon、ヤフオクです。対応している電子マネーは下記の通りです。

・セブンイレブン
セブンイレブンは一部の店舗でのみレターパックを取り扱っていますが、セブンイレブンで取り扱っているレターパックはnanaco払いが使えます。

・ミニストップ
ミニストップはWAON加盟店なので、WAONが使えます。

・Amazon
Amazonでは楽天Edy、Suica、iD、JCB PREMOを使って購入できます。

・ヤフオク
ヤフオクではYahoo!マネーが使えます。

クレジットカードと紐づけされている電子マネーでの支払いが可能です。

携帯キャリア決済で購入できるか?

携帯キャリア決済は、携帯料金と合算して引き落とされるのでクレジットカード同様使った分はあとで支払うことになります。このキャリア決済を使って購入するのも現金化には使えますね。
キャリア決済に対応しているのは、Amazonとメルカリです。

Amazonはdocomoとauが使えます。メルカリは、docomo、au、ソフトバンクに対応しています。

レターパックの現金化方法

手に入れたレターパックはどのようにして現金化できるのでしょう。

フリマアプリに出品

大手のフリマアプリを利用して出品するのが良いでしょう。利用者が多いほうがすぐに買手が見つかります。まずは登録し、ルールを理解した上で適切に出品しましょう。最初の登録は面倒ですが、今後他にも出品したり、欲しいものを購入したりすることもできますから、登録して損はないでしょう。

ただこういったフリマアプリやオークションで必ずかかってくるのが、販売手数料や出品手数料です。
最大手のメルカリだと10%の手数料がかかります。
また、商品を送る時の送料もかかります。落札者負担にすることも可能ですが、この2つが別途費用となります。

そして、落札された分の入金は、自分の口座にされますが半月ほどかかります。
すぐに現金が必要な場合には向きませんが、落札される可能性は高いので気長に現金化したい人には良いでしょう。

ヤフオクに出品

ヤフオクは日本最大級のオークションサイトです。
レターパックも随時出品されており、ヤフオクでレターパックを探す人も多いようです。ヤフオクもまた落札手数料が10%かかります。Yahoo!プレミアム会員になれば落札手数料は8.64%になりますが、月額498円かかります。ヤフオクをよく利用する人にとっては良いですが、たまの利用であれば損になりますね。

また、今まで利用したことがなければ、まずは開設したり、利用規約等を見てルールなどを覚えなければなりませんし最初は大変です。
しかし、こちらも落札される可能性は高いので、ヤフオク利用者にとっては良い現金化方法でしょう。

買取業者に依頼する

金券ショップやチケットショップでも切手やレターパックを取り扱っている業者もいます。
買取業者に持ち込むのが一番手っ取り早い方法ともいえるでしょう。レターパックはこの手の買取業者なら90%前後で買い取ってもらえます。店舗型の業者やオンライン業者がいます。どちらを使っても良いですが、オンライン業者のほうが店舗を構えていない分、買取率が良いです。

また、バラより200枚完箱のほうが高く買い取ってもらえます。

店舗型の業者ならレターパックを持ち込んでその場で現金が受け取れます。オンライン業者の場合、商品と必要書類(申込書や身分証のコピーなど)を郵送します。商品を確認次第、自分の口座に現金を振込みしてもらえます。

払い戻しができるか?

そもそもレターパックは払い戻しができるなら、この方法で現金化できそうです。しかし残念ながら払い戻しはしていません。
手数料40円で切手やハガキに交換することはできますが、返品して現金を受け取ることはできません。

換金率の相場について

換金率の相場ですが、買取業者に依頼すれば88%から93%くらいで買い取ってもらえます。なるべく高く買い取ってくれる業者を探しましょう。
ヤフオクやフリマアプリは100%で売れそうですが、手数料や送料などがかかるので、さほど業者に依頼するのと変わりません。出品したり、発送したりと手間がかかりますから、それを考えると業者に依頼したほうが楽に現金化できるでしょう。

ネット完結で即日振込もしてもらえる現金化業者は?

仕事中などで来店できない、夜間だけどすぐにお金が必要など、 営業時間外でも来店不要で即日銀行口座へ振込してくれるネット専門の現金化業者もあります。

店舗型業者と比べても、キャッシュバック率もよく振込金額も多くて、入金も20〜30分と早いので、僕はいつもこちらを使っています。 僕のおすすめの業者を紹介しますので、こちらもご参照ください。


ゼロスタイル
評価 4.6
最高買取率 99.2%
即日振込
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目

各種手数料¥0、見積もり¥0。運営16年、18000人利用の実績

年中無休 9:00~20:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

換金クレジット
評価 4.2
最高買取率 96%
即日振込
所在地 東京都千代田区

リピーターなら最短5分、24時間夜間の振込対応も可能

8:00~21:00 年中無休

ゼロスタイル
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 99.2% 東京都渋谷区渋谷2丁目

各種手数料¥0、見積もり¥0。運営16年、18000人利用の実績

年中無休 9:00~20:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

換金クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 96% 東京都千代田区

リピーターなら最短5分、24時間夜間の振込対応も可能

8:00~21:00 年中無休

関連の記事