クレジットカード現金化するなら民事再生(個人再生)がいい

クレジットカード現金化するなら民事再生(個人再生)がいい

カード現金化は急場を凌ぐのにはいいのですが、返す宛てがなければすぐに返済が苦しくなります。
現金化の多用は、結局借金苦を悪化させる原因となります。

もしカード現金化を利用しても借金返済ができないなら、債務整理という方法があります。
多額の借金であれば全ての債務をゼロにする自己破産もありますが、カード現金化利用者は免責が下りない可能性があります。

そんな心配もある為、カード現金化利用者で尚且つ多額の借金を抱えている人は民事再生(個人再生)を選ぶといいと言われています。
それはいったいなぜなのでしょうか。

自己破産には免責不許可事由がある

自己破産は全ての債務の返済義務がなくなる制度です。
借金苦に陥ったら破産してしまえばいいと考えているかもしれませんが、そう簡単にいかないこともあります。

自己破産するには、裁判所から免責されないといけません。
つまり、自己破産を認めてくれるという事です。

自己破産には免責不許可事由というものがあります。
もし借金の原因が免責不許可事由に当てはまったら、自己破産ができないかもしれないのです。

例えばギャンブルや過度な浪費が主な借金理由だと、免責不許可事由に当てはまり免責が下りないおそれがあります。
カード現金化もこの免責不許可事由に当てはまる可能性があるのです。

いくら借金返済が苦しくて手続申請をしたとしても、裁判所が認めてくれなければ自己破産ができません。

民事再生だと大幅に借金減の可能性あり

債務整理には自己破産を含めいくつか方法があります。
破産ができなければ他の債務整理方法を選ぶ事もできます。

もっとも簡易的な債務整理といえば、任意整理ですね。
任意整理は裁判所を通さず、直接債権者と話し合う方法なのです。

「返済が苦しいので金利をカットしてください」と交渉をして、返済計画を立てていきます。
ギャンブル起因の借金だろうが、特に手続を拒まれる事はありません。
200万程度の借金であれば、金利をカットする事で返済しやすくなるサラリーマンはたくさんいるでしょう。

しかし、交渉してもせいぜい金利カットぐらいなもので、元金をカットする事はできません。
債務整理後は原則3年以内に完済できるように返済計画を立てなければいけないので、あまりにも額が多すぎる場合だと任意整理では追いつかないのです。

かといって自己破産は免責不許可事由もあるし、信用情報にも長く登録されてしまうし手続も面倒です。
そんな場合は、民事再生がいいのです。

民事再生は、金利カットだけではなく元金を減らす事ができるので、大幅な借金減額が可能です。
裁判所を介する手続ですが、特に借金の原因は問われない為、自己破産のように免責不許可事由に該当してしまう心配もありません。

また、民事再生の場合、不動産等の財産を保有したまま債務整理ができます。
自己破産だと自宅を手放さなくてはいけなくなりますが、民事再生では家を手放さず借金整理ができるのです。

民事再生ができるケース

大きな借金だと民事再生がいいと述べましたが、残念ながら誰でも利用できる訳ではないのです。民事再生ができるケースは限られています。

まず、住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下である事。
もちろん、借金返済が苦しい事も条件のひとつです。
そして継続的な収入があることも大事な条件です。

なぜかというと、民事再生は自己破産のように借金をゼロにする方法ではないからです。
縮小した後の借金を原則3年以内で完済する約束をしなくてはいけないので、継続的な収入はとても大切なのです。

ですから、無職の場合は民事再生ができません。
職を失い多額の借金を抱えてしまった場合は、自己破産しか残されていないのです。

民事再生は誰にお願いするか

大抵の債務整理方法は個人でする事も可能で、民事再生も同様です。
しかし、裁判所へ提出する書類を用意するのは、非常に面倒です。
ですから専門家に依頼した方が良いと思われます。

民事再生を依頼するのであれば、弁護士もしくは司法書士があります。
費用が安いという点から司法書士を選ぶ人もいるのですが、少しデメリットもあります。

司法書士の場合、裁判所に提出する書類の作成サポート程度に留まる事が多いです。
つまりできる仕事に制限があるのです。

その点弁護士であれば、全ての手続きを代行する事ができます。
裁判所へ出向き、裁判官とのやり取りも代行してもらえます。

特に仕事が忙しくて平日なかなか休みが取れないという人は、裁判所へ足を運ぶのも大変です。
そのような事を考えると、弁護士の方がいいと言えるのです。

カード現金化の前に民事再生も考えよう

民事再生は借金の理由は問わないので、カード現金化をしたとしても手続する事は可能です。
しかし、民事再生に頼らなくてはいけない程多額の借金を抱えているなら、恐らくカード現金化する前からかなり切迫した状況だったのではないでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠の状況にもよりますが、カード現金化ではそこまで大きな額を調達する事はできません。
すでにショッピング枠も使っている人は、やっとで1ヶ月の返済分を何とか現金化で調達できるような状況かもしれません。

もしカード現金化でその月は乗り越えたとしても、次にやってくる支払はどうすればいいのでしょうか。
多額の借金に加えて新たに現金化利用した分も返済しなくてもいけません。

そして行き詰ったあげく、債務整理へと頼る事になるのです。
そのような状況であれば、カード現金化をするのではなく最初から民事再生をした方がいいでしょう。
債務整理に取り掛かるのは少しでも早い方がいいです。
少しでも早く人生のやり直しができるように、決断しましょう。

損せずにクレジットカードを現金化するには

損せずに、安全にクレジットカードを現金化をしたいなら現金化業者を利用をおすすめします。

買取率が高く、即日振込にも対応してくれます。 自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減します。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.4
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

和光クレジット
評価 4.2
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

関連の記事