amazonギフト券の現金化は違法?違法になる3つのパターンを解説

amazonギフト券の現金化は違法?違法になる3つのパターンを解説

amazonギフト券の現金化では、現金化方法も気になるポイントですが、同時に現金化の違法性も気になるのではないでしょうか。

amazonギフト券をクレジットカード現金化の目的で購入したり、換金したりすることは、違法ではないのでしょうか。規約違反のリスクや処罰はないのでしょうか。

amazonギフト券現金化について「違法」や「違反」の観点から、疑問を持ちやすいポイントをまとめました。

amazonギフト券の現金化は違法?現金化の歴史

amazonギフト券の買取はもともと金券業者が業務の一環として行っていました。

amazonギフト券をもらっても使い道がない。不要である。このような人が、町中にある金券ショップなどに持ち込んで、「不用品」として買取してもらっていたのがスタートだと言われています。CDや本、服などを買い取ってくれるリサイクルショップと同じような感覚だったわけです。

amazonギフト券は金券。買取額は基本的に本やCDなどより高めです。そのため、実際に買い取ってもらった人たちが「これは金策になるのではないか」と考えました。

amazonギフト券を買い、現金に困っているときに現金化して、資金調達手段にする。このような流れで、現在のamazonギフト券を使った現金化が行われるようになったのだとか。

現在はネットで完結する買取方法なども多くなっています。

amazonギフト券の売ることは違法なのか

amazonギフト券の売ることは、基本的に違法ではありません。なぜなら、日常的に不用品の売却はよく行われているからです。

不要なamazonギフト券を売却し、お金に換える。違法とは、法律に反すること。違法だったら、amazonギフト券の買取をしている金券ショップも違法に手を染めていることになりますね。CDや本などの不用品売却と同じように考えて差し支えありません。

法律には「アマゾンギフト券を売ったら罪に問う」とは書いていません。ただし、後述しますが、方法によっては違法になる可能性があります。規約違反のリスクもあるのです。

amazonギフト券の現金化に古物商の許可は不要?違反ではないのか

さらに、amazonギフト券は古物商許可の対象外だという特徴があります。

基本的に古物(中古品など)を売買する場合は古物商の許可を受けることが必要です。しかし、全ての品物の売買に古物商の許可が必要だというわけではありません。

代表的なケースは、自分が不用品を売る場合。不用品を売るのに、いちいち古物商許可を受けなければならない場合は、とても大変ですよね。リサイクルショップなどに自分で不用品を買取してもらう場合は、古物商の許可は必要ないという扱いになるのです。

amazonギフト券も、古物商の許可が必要な対象物にはあたらないという特徴があります。古物商許可が必要な品物ではなく、電子マネーという扱いのため、「許可が必要だと聞いたけど、大丈夫?」と不安に思う必要はありません

amazonギフト券の現金化はamazonの規約に反するのではないか

amazonギフト券の現金化はamazonの規約に違反するのではないかという懸念があります。

たとえば、楽天のギフト券。楽天のギフト券は規約で転売が禁止されています。アマゾンギフト券の公式を見てみると、同様に公式側から「不正取得や転売はやめてくださいね」という声明が出ています。

アマテンなどの未承認サイトを挙げ、不正に取得されたamazonギフト券を取得してしまう可能性などを示唆。アカウント停止の可能性を説明しています。未承認サイトでの現金化はリスクが大きいということです。

amazonギフト券の現金化が違法・違反になる3つのケース

基本的に「不要なamazonギフト券を売却する」ということであれば、特に違法や違反に問われることはありません。しかし、amazonギフト券の現金化が全てのケースにおいて許されるかというと、そうではありません。違反や違法に該当する可能性のあるamazonギフト券現金化ケースが3つありのです。

現金化目的の転売や売却はNG

amazonギフト券を現金化目的で売却することは規約違反に該当する可能性があります。たまたま不要だったamazonギフト券を売却する場合にも、現金化や転売を疑われる可能性があるため、注意が必要です。

ショッピング枠の現金化は規約違反に該当

クレジットカードのショッピング枠現金化は、クレジットカード会社の規約に反し、利用停止などの措置を講じられる可能性があります。amazonギフト券をショッピング枠の現金化に使うのも、基本的にNGです。クレジットカード会社の監視も厳しくなっています。

法律違反に該当する可能性のあるケースも

amazonギフト券の現金化が法律に反する可能性があります。

暴利としか言いようのない金利(手数料)を取得していた場合などは違法になる可能性があるのです。また、現金化は、本来のクレジットカードの使用目的から外れるため、詐欺罪に該当する可能性もあります。

現金化方法によっては違法に該当するリスクがあることは、知っておく必要があります。

amazonギフト券の現金化は違法になることも!3つのケースを知っておこう

amazonギフト券をはじめとして「不用品を売却処分すること」は日常的によく行われています。

使わないamazonギフト券や、うっかり間違えて買ってしまったamazonギフト券を売却処分することは、基本的に違法ではありません。「不用品を処分してはダメ」とは法律に書いていないからです。

しかし、現金化が目的でamazonギフト券を利用するのは話が別。規約に抵触する可能性があるほか、方法によっては違法に該当する可能性もあります。

違法や違反に該当するケースを把握して、amazonギフト券をクリーンに使いましょう。

ネット完結で即日振込もしてもらえる現金化業者は?

仕事中などで来店できない、夜間だけどすぐにお金が必要など、 営業時間外でも来店不要で即日銀行口座へ振込してくれるネット専門の現金化業者もあります。

店舗型業者と比べても、キャッシュバック率もよく振込金額も多くて、入金も20〜30分と早いので、僕はいつもこちらを使っています。 僕のおすすめの業者を紹介しますので、こちらもご参照ください。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

アースサポート
評価 4.4
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都港区芝浦4丁目

即日振り込み可能で最短30分、夜間・土日祝日も振り込み可

7:30〜22:00(年中無休)

あんしんクレジット
評価 4.3
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

アースサポート
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 98.8% 東京都港区芝浦4丁目

即日振り込み可能で最短30分、夜間・土日祝日も振り込み可

7:30〜22:00(年中無休)

あんしんクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.3 98.8% 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

関連の記事