クレジットカード現金化の手数料はどのくらい?

クレジットカード現金化の手数料はどのくらい?

クレジットカード現金化を業者に頼んだ場合、ビジネスなので手数料が発生します。
いったいいくらの手数料がかかるのか詳しくみてみましょう。

クレジットカード現金化の還元率と手数料

クレジットカード現金化とは、クレジットカードで換金性の高い商品を購入し、それを業者に買い取ってもらう、または業者指定の商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を受け取るといったものです。

その中で還元率という言葉がでてきます。

還元率とは、実際にクレジットカードで購入した商品代金と現金化される金額の割合のことを差します。
例えば還元率90%のときに1万円の現金化を利用したら、9,000円の現金が入ってくるということになります。

実際にクレジットカードで購入した金額と受け取った金額の差は1,000円です。
これが現金化業者の手数料となります。
現金化業者も人件費、光熱費など様々な経費がかかりますが、それら全てが手数料に含まれています。

高過ぎる還元率はおかしい?

現金化業者の中には、やたら還元率を高く表示している業者がいます。
還元率が良いという理由だけで、業者を選ぶと簡単に騙されてしまうかもしれません。

実はクレジット決済を利用する業者側も、カード会社へ手数料を支払っています。
そのカード会社へ支払う手数料は低くて1%、多くければ5%ぐらいです。

業者の利益を考えると95%以上の還元率はおかしいということになります。
もし、95%以上の還元率を掲げている業者がいれば、そこからかなりの手数料が別途かかるか、悪徳業者の可能性もあります。
慎重に業者を選びましょう。

ただし、買取式の現金化の場合は、別の場所でクレジットカード決済によって品物を買ってきてもらうこともあるので、カード会社へ支払う手数料もあまり関係ありません。
ブランドバッグなどはまれに定価より高く売れることもあるので、高い還元率になることもあります。

消費税はかかる?

商品を購入すると、8%の消費税がかかります。
1万円の商品を購入すると800円の消費税がかかる計算ですね。
しかし実際には総額表示が義務付けられているので、その場合は10,800円と表示されています。
総額1万円の商品であれば、740円の消費税がかかっていることになります。

問題は還元率はどの額で計算されるという点です。
クレジットカード現金化にも消費税はかかるのでしょうか。

もし商品価格に対してのみの還元率であれば、消費税を差し引いた9,260円で計算されるということになります。
9,260円の90%であれば8,334円、1万円の90%は9,000円です。
差額が666円でてしまいます。
利用する額面が大きければ大きいほど、還元される金額の差は大きくなってしまいます。

実際のところ、業者ごとに設定や表示は違います。利用する業者に事前に問い合わせをし、いったいどの金額に対しての還元率なのかをちゃんと確認しましょう。

業者によって異なる手数料の内訳

還元率によって生まれる差額が全ての手数料とする場合もあるのですが、業者によってはそれとは別に手数料が追加されることがあります。
それ以外にも手数料がかかる場合があるのです。
そうすると、受け取れる現金はさらに少なくなってしまいます。それにより必要現金よりもだいぶ多額の現金化申込みをしなければならないということです。

どのような手数料がかかるのか

例えば、1万円を90%の還元率で利用したら、まずは差額の1,000円が業者利益となります。
さらに振込手数料が420円、商品の送料500円、消費税…
他にもよく分からない手数料を請求されることもあります。
このような手数料がかかる業者もあるのです。

そうやって手数料が追加されてしまうと、最終的には50%を切る低い還元率になってしまうことがあります。
実はクレジットカード現金化のトラブルで最も多いのが手数料の高さです。
業者の利益とは別に手数料が徴収されてしまうと、せっかくの高還元率でも意味がなくなってしまいます。

だから、いきなり申込みをするのではなく、まずは電話などで問い合わせをし、どのくらいの還元率になるのか、実際いくら受け取れるのか、いつ振込みしてもらえるのか、この3点は事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

申込みしてから確認して、やっぱり取り消したいと思っても、申込みしたからもうキャンセルできないなどと言ってくる業者もいます。
キャンセルを受け付けてくれない業者は悪徳業者といっていいかもしれません。

必ず申し込み前に確認したほうがいいでしょう。

手数料の相場

優良業者と呼ばれている業者には、換金率以外手数料は一切かからないと謳っている業者もいます。そのような業者なら換金率を引けば受け取れる現金が分かりますから簡単です。
振込み手数料や発送料は業者負担になります。それはいいなと思う方もいるでしょうが、表示されている還元率自体はそんなに高く設定されていません。手数料が必要ないと謳っていても還元率が特に良いわけではありません。

また、手数料のかかる業者の場合、以下のような手数料がかかっています。

・決済手数料
通常のショッピングでは、お店側が決済手数料を負担していますが、現金化業者では利用者が負担するのが一般的です。
これはキャッシュバック式の業者を利用する場合のみ手数料が必要になります。

・振込手数料
自分の口座に現金を振り込んでもらうためにかかる手数料です。これも利用者負担になります。

・消費税
日本では何をするにも消費税がかかります。同じく現金化業者でも消費税がかかります。
8%の消費税は大きいんですよね。
中には消費税も業者側で負担してくれるところがありますから、そういった業者を選んでも良いでしょう。

・送料
商品買取式でもキャッシュバック式の現金化業者でも商品を発送します。
その発送に関わる手数料が必要になる場合があります。

主にこのような手数料がかかります。他にも訳の分からない手数料を要求される場合があります。
還元率が〇〇%ということよりも、いくら手元にくるのかということが大事なことです。
利用前に最終的にいくら振込みしてもらえるのかを確認しておきましょう。

悪徳業者の手数料

クレジットカード現金化は法的な規制はないものの、カード会社との規約では違反行為になります。
ですから、一般的に手数料の定めはありません。

各業者ごとで手数料を設定しています。
還元率の良い優良業者もあれば手数料ばかり詐取する悪質な業者もあります。

悪徳業者の中には20%から30%くらいの手数料を取るところもあります。このような手数料の要求は悪質です。

そうなると換金率としては60%台から70%前半くらいになってしまいます。
気を付けないと損をすることになってしまうでしょう。

最終的な還元率を調べること

先ほどからお伝えしている通り、上手にクレジットカード現金化を利用するなら、必ず最終的にいくら受け取れるのかを調べましょう。
還元率が高いところほど他に手数料を徴収されることが多いものです。
手数料にはどんなものがかかるのか、それはいくらなのかを確認しましょう。
少額の現金化であれば、高い手数料を払うより自分でやったほうがいいかもしれません。

ネット完結で即日振込もしてもらえる現金化業者は?

仕事中などで来店できない、夜間だけどすぐにお金が必要など、 営業時間外でも来店不要で即日銀行口座へ振込してくれるネット専門の現金化業者もあります。

店舗型業者と比べても、キャッシュバック率もよく振込金額も多くて、入金も20〜30分と早いので、僕はいつもこちらを使っています。 僕のおすすめの業者を紹介しますので、こちらもご参照ください。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.2
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

関連の記事