商品券を使ったカード現金化で注意したい点

商品券を使ったカード現金化で注意したい点

クレジットカード現金化業者に依頼するのは面倒だし、詐欺もあるし、自分で現金化を行おうとする人も多いですよね。
そんな人たちが現金化の手段によく選ぶのが、商品券です。
けれど商品券を使ったカード現金化は色々と注意しなくてはいけない点があります。

なぜ商品券を選ぶ?

現金化に最も適しているともいえるのが「商品券」です。
商品券をカード現金化に選ぶ理由は、その買取額の高さでしょう。

チケット買取ショップの買取表を見てみると分かるのですが、商品券は90%以上のものがずらりと並んでいます。
商品券はこのように換金性が良いため、現金化に使われることが多くなっています。

買取額について

商品券は金券ショップでの買取率が最も良いかもしれません。
買取額自体は良いのですが、商品券の種類ごとに買取額に違いがあります。
良いものなら95%以上の還元が得られます。あまり需要のないものですと80%台ということもあります。

けれど、これだけの還元が得られたなら現金化は成功といえるでしょう。

商品券であっても使い勝手が悪いものは買取額が下がります。
使える場所が少ない、有効期限がある、あまり人気のないデパート、地方のお店の商品券など…
このような条件に当てはまるものは、どうしても買取額が下がってきます。

全国共通百貨店やVISA商品券などは、全国にある店舗やデパートで使うことができるため、使い勝手が良く、欲しがる人も多いので買取額も高くなります。
需要が多ければ、それだけ買取額も良いということです。

また、不正があっても買取ショップでは判断がしづらい特殊なギフト券は、買取自体対応していないことが多いです。
例えば、需要はあるもののAmazonギフト券やグーグルプレイカードなどについては、電子ギフト券となるため、利用できるかどうかは読み込まないと分かりません。店舗型の買取ショップでは確認することができないため取り扱わないことが多いのです。

換金率がいい=カード購入しづらい

商品券の買取率が良いなら、現金化に利用しようとする人は必然的に増えます。
けれど、商品券の本来の目的とは違いますよね。

最近では、カード会社が規制して商品券などの金券類はクレジットカード決済できないようになっています。現金のみでの支払いになります。
というのも、転売目的での商品購入をカード会社では禁止しています。
要するに、カード現金化行為はクレジットカード会社の規約に違反しています。

ただし金券類をネットショップで購入することもでき、その場合クレジットカード決済ができることも少なくありません。
もしくはVISAなどのクレジットカードの商品券は、そのブランドのクレジットカードのみ決済に使えることも多いです。

その他、換金性が高いと言われるもの、新幹線の回数券、ブランド品、ゲーム機器などが現金化によく使われますが、頻繁に購入していたり、大量購入したりすれば、カード会社から現金化を疑われて連絡がくることもあります。

ですから、換金率の良いものはカード会社にバレやすいということから、クレジットカードでは購入しづらい商品ということになります。

カード現金化がバレやすい

先ほどお伝えした通り、商品券はカード会社が目をつけているため現金化がバレやすくなります。カード現金化行為をしていないか、クレジットカード会社ではチェックを行っています。

商品券のような換金性が高い品物を購入すると、カード現金化もバレやすくなります。
利用する額面が多いとよりバレやすくなります。
さらに商品券などのカード購入について、とてもうるさいカード会社もあります。
商品券購入でカード決済をしたところ、一発で利用停止になってしまったなんてケースもあります。

転売目的での商品購入禁止(カード現金化禁止)という規約はどこのカード会社でも定めています。
それを破り、現金化を行った場合、クレジットカードは利用停止になります。

クレジットカードが利用停止になったらどうなる?

カード現金化をしようとする場合、やはりそのリスクについても知っておいたほうがいいでしょう。
商品券の購入で、クレジットカードの利用をストップされてしまうかもしれません。

利用停止といっても、一時的な措置の可能性もあります。
その場合はカード契約者にカード会社から電話がかかってきて、「今○○で△△の購入をしようとした履歴がありますが、本人ですか?」と本人確認があります。
そこで不正利用ではないことが証明されれば利用停止は解除され、問題無く利用が再開できます。

しかし、一発で本利用停止のジャッジが下る場合もあります。
そうなった場合は後日、なんと一括払いを求める文書が届いてしまう可能性があります。
最悪一括払い請求は免れたとしても、なかなか利用停止が解除にならず、返済のみ延々と続いてしまいます。

最悪の場合、利用停止が解除されない、強制退会させられるなどということもあります。
しかも、これは信用情報に影響します。個人の信用情報機関に、この情報が登録されると、今後借入れやローンをする際に審査が通らない可能性が高いです。

後に大変な思いをすることにもなりかねません。
利用停止にならないほうが良い → カード会社に現金化だと気付かれないようにする

商品券でカード現金化をするなら少額に留める

どうしても商品券のカード購入は、カード現金化がバレやすくなります。
購入する額も10万円までと上限が定められていることが多いですね。
どうしても商品券をカード現金化に使うならネット購入、そして少ない額面に留めるという点を守りましょう。

これまでの説明で、自分で商品券による現金化をするのが怖いと思ったなら、カード現金化業者を利用したほうが無難です。
手数料を多く取られてしまうのではと心配している人もいるでしょうが、業者も商売ですから、自分で現金化するよりは、業者を使えば手数料はかかってしまうものです。

けれど自分で現金化するよりも圧倒的に簡単にすぐに現金化することができます。しかも、カード会社に現金化だとバレることはほとんどありません。
そういった安全面で考えても現金化業者を利用するほうが得策といえます。
不慣れなことを自分でするよりは、業者にお願いしたほうが安心ですよ。

また、クレジットカードブランドのJCBやアメックスなどしか持っていない人は、あまり商品券でカード現金化をしないほうがいいかもしれません。
万が一、商品券を購入して利用停止になってしまうと、復帰も難しいからです。

1枚しか無いカードが利用停止になってしまうと非常に困りますし、カードの利用停止は信用情報に載っていますから、再度カードを作ろうにも審査が通るのは難しいでしょう。
ですからカード現金化は慎重になりましょう。

商品券を使うより、現金化業者に依頼するほうが良い?

お金に困ったら自分でなんとかしなくちゃと思う方もいるでしょう。
前述のように商品券を使って現金化をするにもリスクが伴います。

それを覚悟の上で現金化できるなら良いでしょう。

しかし自分で現金化するより、クレジットカード現金化業者に依頼して現金化したほうが安全といえます。ただ業者を使うにしてもメリットデメリットありますから、結局は自分に合ったほうを選んで利用するのが良いでしょう。

業者を利用して現金化する場合のメリット

・カード会社に現金化がバレにくい
買取式でもキャッシュバック式の現金化業者でも、業者自身でクレジットカードを決済することはありません。
ほとんどの業者が決済代行業者を挟んで決済を行っているため、現金化だということがカード会社では分かりません。
カード会社に購入情報を送りますが、ダイレクトに商品情報が送られるわけではないので、カード会社にバレることはありません。

・時間や手間がかからず、最短10分で現金が手に入る
申込みすれば、最短10分で自分の銀行口座に現金を振込みしてもらえます。
ネット業者を利用すれば、全てがネットで完結できるため、自宅や職場にいながら現金を送金してもらうことができます。
自分で現金化するより手間や時間がかかりません。

業者を利用して現金化する場合のデメリット

・手数料がかかる
業者を利用すると、換金率によって現金が受け取れます。その表示されている換金率は自分で現金化する場合とほぼ同等であることが多いです。
しかし、この換金率から様々な手数料がかかって引かれて、受け取れる現金は良くて80%、悪くて60%台という場合もあります。

・悪質な業者に騙される可能性がある
現金化業者の中に悪徳業者が少なからず混ざっています。それを自分で見分けなければなりません。
悪徳業者を利用してしまえば、現金が振り込まれない、個人情報が流出されるといった詐欺に遭ってしまうこともあります。

ほとんどが優良業者ですから、事前にネットなどを使い優良業者を調べてから利用するようにしましょう。
名の知れない業者を使うのは危険ですから避けましょう。

人気のクレジットカード現金化業者ランキング


おひさまクレジット
評価:4.4
最高還元率:97%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
ハピネス
評価:4.3
最高還元率:98.8%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
ゼロスタイル
評価:4.2
最高還元率:96.7%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
おひさまクレジット ハピネス ゼロスタイル
評価:4.4
最高還元率:97%
評価:4.3
最高還元率:98.8%
評価:4.2
最高還元率:96.7%
お申し込み お申し込み お申し込み

関連記事

  1. おひさまクレジット
  2. ハピネス
  3. 和光クレジット
  4. 換金館
  5. 現金化のLife(ライフ)
  6. スピードクレジット
  7. キャッシュライン
  8. 換金クレジット
  9. あんしんクレジット
  10. 安心くん