借金で首が回らない!困った時の対処法

借金で首が回らない!困った時の対処法

借金で首が回らないと表現がありますが、返済が苦しくて困っている人も多いでしょう。
そんな人がたどりつくのがカード現金化です。

でもカード現金化は決して借金の解決方法ではありません。
もし借金で首が回らないと感じたら、いったいどのように対処したらいいのでしょうか。

カード現金化は一時凌ぎ!返済苦が長続きするようならやめて

カード現金化はお金に困った時の救世主的存在に思えますが、一時凌ぎです。
一時的なピンチを解決する為に使うのはいいのですが、あまり安易に飛びついて利用するものではありません。

クレジットカードの現金化を利用した後、収入は見込みがあるのでしょうか。
その後の収入で現金化利用した分を短期間でリセットできるのでしょうか。

もしカード現金化から短期間で借入をリセットできず、返済苦の状態が長続きするようなら、カード現金化ではなく別の方法を考えましょう。
カード現金化は利用した後に必ずクレジットカード会社から請求が来ます。

10万円の現金化を利用すれば、クレジットカード会社から10万円と利息が請求されるのです。
収入の当てがないまま利用してしまうとカードの返済ができず、その後また返済苦がやってきます。

自分の借金を把握する

借金の解決方法で一番大事なのは、自分の借金がどれくらいあるのか把握する事です。
え?そんなこと、と思うかもしれませんが、意外と借金に苦しんでいる人は自分の借金がどれくらいあるのか正確に分かっている人が少ないです。

まずは借入先を全て書き出し、それぞれの残債も調べます。
それから月々いくら支払っているのか、金利手数料はいくら発生しているのかを計算します。

自分の収入・支出と照らし合わせ、いったい今どれだけ借金が家計を圧迫しているのか形にしてみます。
現実を見るのは怖いですが、自分の借金を把握しない事には今後の借金返済や整理をする事ができないでしょう。

おまとめローンや借り換えを考える

自分の借金の状況をみてみて金利が高いところから借りている事が分かったら、おまとめローンや低金利ローンへの借り換えを考えてみましょう。
おまとめローンとは、複数の業者から借りている借金をひとまとめにするローンの事です。

借入先が一本化する事で月々の返済管理が楽になります。
おまとめローンは金利が低いので、金利手数料が少なくなった分返済がしやすくなります。

しかし、あまり金利の引き下げが見込めないなら、おまとめする意味がありません。
おまとめしたところで他の借金を作ってしまったらまたあっという間に債務が膨れ上がってしまい、再び返済苦がやってしまいます。
おまとめするなら絶対に追加で借金しないという強い意志を持たなくてはいけません。

また、おまとめローンや低金利ローンにせっかく申込んでも、審査に通らなければ意味がありません。
まとめたいという意思はあっても、思い通りにいかない事もあるのです。

審査の緩いカードローンはどこ?審査の緩いカードローンを見抜く方法

全額返済を諦める

借り換えもできない、カード現金化もダメ、当然収入アップもなし。
そんな場合にはいっそのこと全額返済は諦めてしまいましょう。

全額返済を諦めるといっても、借金の踏み倒しをする訳ではありません。
債務整理をするのです。

債務整理とは貸金業者と直接交渉したり裁判所に申し立てたりして、借金の額を減らして整理する方法の事です。
正攻法で債務整理ができれば、夜逃げしてこそこそする必要もありません。
債務整理にはいくつか種類があるので、自分にはどのような方法がいいのかを考えてみましょう。

・任意整理

任意整理は貸金業者と直接話し合って借金を減らす方法です。
実際には金利の引き下げ、月々の返済額の引き下げなどが多く話し合われます。

任意整理ではまず利息の引き直し計算を行いますが、高金利の場合だと過払い金と言って払う必要のなかったお金が戻ってくる事もあります。
しかし近年は金利手数料の設定について厳しく制限されている事もあり、あまり過払い金は発生しない事も多いです。

また、整理した後の借金は原則3年で完済できる計画を立てなくてはいけないので、整理後でもたっぷりと債務が残ってしまい返済計画が立てられないような状況の人は任意整理を選ばない方がいいでしょう。
裁判所を通さない方法の為なかなか提示した条件を飲まず、手続を長引かせてしまう困った業者もいます。

素人でも比較的自分で手続きできる方法なのですが、交渉事が苦手な人は報酬を支払ってでも弁護士に依頼するのが便利です。

・特定調停

特定調停は簡単に言うと、簡易裁判所が間に入って任意整理と同じような交渉をする方法です。
任意整理で合意されず裁判所の介入が必要になった時も特定調停になる事があります。

具体的には簡易裁判所の調停委員が債務者と債権者の間に入り、話を進めていきます。
双方で合意に至り調停が成立すれば調停調書が作成されるので、その内容に沿って返済していきます。

・個人再生

特定調停まででできるのは金利のカットぐらいです。
例え金利をゼロにして元金だけ支払う事ができても、あまりにも元金が多すぎると3年以内では完済できない事もあります。

そんな場合に便利なのが、個人再生です。
個人再生は裁判所への申し立てが必要で、元本を含め債務を1/10まで減らす事ができる方法です。
住宅ローンを支払っている人は、個人再生を利用して住宅ローン以外の借金のみ整理する事もできます。

・自己破産

個人再生でも返済するのが難しいほど債務が残ってしまうなら、自己破産してしまうのもいいでしょう。
自己破産は最終的な救済措置であって、認められれば全ての債務がゼロになって返済義務が無くなります。

カード現金化を利用してもこの先返済し続ける事ができないのが分かりきっている、返済が著しく減って生活するのも困難になったと言う人は、自己破産を検討しましょう。
自己破産は仕事をクビになる、会社にばれる、役所にばれてしまうなど様々な事が言われていますが、それらは誤った情報です。

実際には家族にもばれずに破産できる事もあるのです。

借金相談をしよう

自分でどうしたらいいのか分からないという人は、借金相談をしましょう。
役所での無料相談もあるのですが、法律事務所でも借金に限っては無料で相談を受けてくれるところもあるのです。

借金相談では実際に自分の借金の状況を伝え、どんな債務整理がいいのかなどをアドバイスを受けられます。
債務整理が必要と思えば、そのまま法律事務所へ手続きを依頼してみるといいでしょう。

債務整理の注意点

借金を減らせるならこれほど嬉しい事はありませんが、もちろん注意しなくてはいけない点がたくさんあります。

・信用情報に記録される

債務整理をすればその事実が信用情報に記録されていまします。
長ければ7年から10年残る事もあるのです。

もし信用情報に債務整理が記録されてしまったら、記録が残っている間は借入が一切できなくなります。
貸金業者は借金申込があれば、すぐに信用情報を照会するので、言わなくてもすぐにばれてしまいます。

・お金がかかる

お金がないから借金を返せず債務整理をするのですが、弁護士や司法書士に手続を依頼するならどうしても報酬を支払わなくてはいけません。
もっともお金をかけずにできる債務整理方法としては任意整理ですが、実際は交渉にくじけて弁護士に依頼する人が多いです。
また、自己破産となると、数十万費用がかかります。

・あまり借金が減らないかもしれない

元々金利手数料が低めな業者から借りているのに任意整理しても、あまり借金は減らないでしょう。
自分の借金状況に応じて、適切な債務整理方法を選ばないといけません。

・免責不許可事由にあてはまるかも

自己破産では免責不許可事由といって、破産が認められない借金の原因というものがあります。
例えばギャンブルの為に借金を繰り返していると、免責不許可事由に当てはまって自己破産が認められない事があるのです。

借金の踏み倒しと時効について

実は借金には時効があります。
時効が成立すると、借金の返済義務はなくなります。
借金で首が回らないならいっそのこと踏み倒してしまおうと目論む人もいるでしょう。

でも、時効が成立するための条件はかなり厳しいです。
返済しない期間が5年、または10年以上経過し、消滅時効の援用を行う必要があります。

つまり、少なくとも5年は逃げ回り、その後さらに手続をしなければ時効は成立しないという事です。
貸主から支払督促や訴訟があれば借金の時効は中断しますし、そう簡単にはいかないのです。

また、時効の援用も信用情報に記録される可能性がある為、今後ローンを組めなくなる恐れが高いです。
債務整理の情報は5年も経過すれば信用情報から削除されます。
逃げ回るぐらいなら、債務整理をして5年後に信用情報がリセットされた方がいいのではないでしょうか。

借金で首が回らない時のまとめ

借金で首が回らない時に大事なのは、今の借金の状況を把握する事。
それからカード現金化で急場を凌ぐのか、債務整理をするのかを考えましょう。

また、債務整理は借金の問題を解決する方法ではありますが、信用情報に登録されてしまうというデメリットもあります。
無駄な出費を減らして返済に回せないか、不用品を処分してお金を作れないかも考えてみましょう。

それに今後の生活をしっかりと安定させなければ、いずれはまた借金を作ってしまう可能性があります。
収入が不安定ならより安定できる仕事はないのか転職を考えてみるなど、生活基盤の見直しを考えてみましょう。

損せずにクレジットカードを現金化するには

損せずに、安全にクレジットカードを現金化をしたいなら現金化業者を利用をおすすめします。

買取率が高く、即日振込にも対応してくれます。 自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減します。


ゼロスタイル
評価 4.6
最高買取率 99.2%
即日振込
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目

各種手数料¥0、見積もり¥0。運営16年、18000人利用の実績

年中無休 9:00~20:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

換金クレジット
評価 4.2
最高買取率 96%
即日振込
所在地 東京都千代田区

リピーターなら最短5分、24時間夜間の振込対応も可能

8:00~21:00 年中無休

ゼロスタイル
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 99.2% 東京都渋谷区渋谷2丁目

各種手数料¥0、見積もり¥0。運営16年、18000人利用の実績

年中無休 9:00~20:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

換金クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 96% 東京都千代田区

リピーターなら最短5分、24時間夜間の振込対応も可能

8:00~21:00 年中無休

関連の記事