無職でもクレジットカード現金化は可能?

無職でもクレジットカード現金化は可能?

無職だからこそお金に困るものです。突然、会社が倒産!!突然会社を辞めることになって・・など、無職になってしまったら・・だからこそお金が必要になります。
しかし当然ながら信用がないので、新規のキャッシング申込みはすることができません。
そんな無職の場合でも、クレジットカード現金化は利用することができるのでしょうか?

クレジットカード現金化のしくみ

クレジットカード現金化は、お金が必要になった時にとても便利な現金調達方法です。生活費が足りない、冠婚葬祭、旅行費用が足りないなどどのような場合でも、クレジットカード現金化はできます。クレジットカード現金化は、クレジットカード機能の1つであるショッピング枠を現金に換えてしまう方法です。

今、クレジットカードを持っている方は多いと思います。クレジットカードはあらゆる場所で使えますから、現金をわざわざ下ろさなくても支払い時にカードを提示すればショッピングや飲食などができてしまいます。持っていない方は1枚は持っておくと便利ですよ。

いざという時にショッピング枠の現金化もできますし。

クレジットカード現金化には、商品買取式というクレジットカードで商品を購入し、買取業者にその商品を買い取ってもらって現金を受け取る方法とキャッシュバック式という指定された商品を購入すると特典として現金が受け取れる現金化方法の2種類があります。

それぞれ特徴やデメリットがありますので、自分に合った方法で現金化するのが良いでしょう。

クレジットカードが必要

クレジットカード現金化するには、まずクレジットカードが必要になります。
無職になる前にクレジットカードを作っておくと安心です。それは、クレジットカードの申し込みをした後、クレジットカード会社は”この人にクレジットカードを発行して大丈夫なのか”という審査をします。

申し込み時に記入した、年齢、年収、勤続年数、家族形態、居住年数、雇用形態などを見て審査されます。この辺りの情報が弱いと審査に通ることができず、クレジットカードは発行してもらえません。

無職であるとほぼ審査は通りません。アルバイトでもいいので収入が安定してあることが大事です。審査の甘いカードもあるのでそういったカードならアルバイトでも発行してもらえます。

もし、クレジットカードの申し込みをして審査が通らないなら、審査基準の低いクレジットカードを選んで申し込みしてみると良いでしょう。審査が甘いと言われているのは、セディナ、ライフカード、イオンカード、楽天カード、Yahoo!Japanカードなどがあります。

もし何度も申し込みしているのに審査落ちしているなら、落ちる理由があるはずです。
例えば、利用実績です。

過去に多重債務や自己破産などの金融事故を起こしている場合、審査は通りません。または、クレジットカードに限らず、支払いの遅延や滞納など滞っているものはありませんか。携帯電話などの支払いも見られていますよ。

あとは多重申し込みなども審査落ちする原因です。いくつものカードに申し込むとお金に困っているのではないか、支払いがちゃんとできるのか、不正に利用するのではないかなど疑われて発行をしてもらえなくなります。

また、他での借入れやローンが多額の場合も発行してもらえません。支払い能力の点で引っかかればカード発行は見送られます。

一番大切なのは、支払い能力です。そこが弱い人にはクレジットカードは発行されません。

クレジットカードの種類

クレジットカードには様々な種類があります。

・金融系
銀行などが発行するクレジットカード。審査は比較的厳しい。

・流通系
スーパーやショッピングセンター、デパートが発行するクレジットカード。良く使うお店のクレジットカードを作ればポイントも良く貯まります。収入があり、利用実績に問題がなければたいてい発行してもらえます。

・交通系
鉄道や航空など、乗るたびにポイントが付きます。航空系ならショッピングでもマイルが貯まります。

これらはカードごとに特典やサービスが違います。自分でどこを重視するのかそれによって選ぶカードも様々です。

持っていて得をするのは、やはりよく使うお店のカードです。ポイントも貯まりやすいですし、ポイント〇倍や割引サービスなどの対象になることが多いからです。

クレジットカード現金化に向いているカード

クレジットカード現金化をするとき、どのカードでも現金化できるのでしょうか。向いているカードの種類はあるのでしょうか。

クレジットカード現金化をするときに大切なのは国際ブランドです。国際ブランドとはVISA、JCB、Mastercardといったクレジットカードには必ず付いているブランドのことです。この国際ブランドに加盟している店舗であれば、どこでも使うことができます。

世界中に加盟店があるので旅行先などでも使うことができます。ただJCBは日本発のブランドなので、まだ使えない国や店舗は多いです。

この国際ブランドですが、現金化業者を使って現金化する場合も、その業者が加盟していなければ使うことのできないカードになります。現金化できないということです。これも業者ごとに違い、すべてのブランドに対応している業者もあれば、対応していないブランドのある業者もあったりするので、申し込む前に自分のカードが使えるかどうか確認しておくと良いでしょう。

ほとんどの現金化業者が対応しているカードはVISAとMastercardです。この2つならたいてい使えます。JCBは日本発ですが、決済手数料がVISAやMastercardに比べると高いため、扱っていない業者もあります。

また、この決済手数料を利用者負担にしている業者もあるので、その場合、受け取れる額が低くなります。かなり損ですよね。

アメックスやダイナーズも手数料が高く、取り扱っていない業者も多くあります。現金化は違反行為のため、厳しい監視がありますが、アメックスとダイナーズは他よりももっと監視体制が厳しいため扱いたくないという業者も多いようです。

バレれば、業者自身もカード会社からかなり厳しい措置をとられることになるでしょうから。

現金化に向いているカードはVISAとMastercardです。

クレジットカードは無職でも持てる?

前述でもお伝えしましたが、無職でクレジットカードを作ることはけっこう厳しいです。カード会社が重要視している支払い能力の点に引っかかってしまうからです。

定職に付いている時にクレジットカードを作っておくのが一番良いのです。そのあとに会社を辞めようがどうしようがクレジットカードを没収されることはありません。支払いがきちんとできれば問題なく使えます。

無職であれば、収入がないわけですから支払いができる状況にないと判断されます。

その場合の対処法がいくつかあります。

・家族カードにしてみる
定職についていて安定した収入の家族がいれば、その家族名義でカード申請します。その家族としてカード申請するとほぼ審査は通り家族カードは発行してもらえます。ただ、支払いはその家族カード全てまとめて請求がいきますので、現金化に使う場合、何に使ったのかと聞かれることになるでしょう。一目で現金化とは分かりませんので、上手な言い訳を考えておかなければなりません。

・派遣登録する
無職なら派遣に登録してその会社の人間になるという手もあります。仕事を請け負っていなくても、登録してあれば派遣社員と記載することができます。

・なんでも良いから収入を得る
メルカリやヤフオクなどで物を売って収入を得るというようなことでも良いので収入を作りましょう。こつこつお小遣い程度だったとしても、それを自営業とすることができます。

このような方法で乗り切ってみましょう。

クレジットカード現金化のやり方

クレジットカード現金化は自分でやる方法と業者に依頼する方法ががあります。
自分でやる場合、商品買取式になります。自分でクレジットカードを使って換金性の高い商品を購入して、金券ショップなどで売って現金を手に入れます。

現金化業者に依頼する場合、商品買取式の業者もあればキャッシュバック式の業者もあり、キャッシュバック式を採用している業者のほうが今は多いです。業者に申し込みし、指定されたサイトであまり価値のない100均で売っているような商品を購入します。その商品自体はどうでもよく、キャッシュバックとして受け取れる現金がメインの取引きです。

商品買取式、キャッシュバック式どちらにしても、現金化行為自体が違反といえます。やるならカード会社に知られないように慎重にやらなければなりません。カード会社が現金化だと気付くのは、カード決済後、情報がカード会社に届いたあとです。

商品買取式の場合、換金性の高い商品を買っているということで換金目的ではないかと疑われ、チェックされる可能性が高く、下手すればバレてしまう可能性があります。

キャッシュバック式の場合、決済代行業者を通して決済が行われるため、何の商品を買ったのか分からないように、カード会社へ情報が届きます。カードでショッピングすると店名が書かれたような明細が表示されていることがありませんか?請求がくる頃、自分でも何を購入したのか忘れてしまうんですよね。

そのように何を買ったのか分からない表示になるため、カード会社にはバレにくくなります。そのため現金化するならキャッシュバック式を採用している業者に依頼するのが無難といえます。

クレジットカードさえ持っていれば現金化できる

お金に困った時、消費者金融に頼る方も多いと思います。けれど、消費者金融には審査があります。審査を通らなければお金を借りることはできません。無職や専業主婦の方では審査落ちしてしまうでしょう。

そんな時、クレジットカード現金化ならできます。審査不要で手続きが簡単にできます。
自分名義のクレジットカードがあるなら、無職でもショッピング枠の範囲内で現金化を利用することができます。

本当は仕事を辞めた時にカード会社に連絡しなくてはいけないのですが、クレジットカードを持っていたら便利なので黙っている人も多いでしょう。

以前作ったカードのショッピング枠に余裕があるなら、属性を問わずクレジットカード現金化ができます。
クレジットカード現金化はクレジットカードを持っている人なら誰でも利用することができる現金調達方法です。

こんな時に便利!無職のクレジットカード現金化

仕事を辞めて新しい生活をスタートさせるにも、準備資金が必要になります。
服などはショッピング枠を利用してカードで購入できますが、細々したことで現金が必要になり困るものですよね。

雇用保険に加入していた人は失業してもしばらくは失業手当をもらえます。
しかし自己都合で会社を辞めてしまうと、失業手当の支給は3ヶ月遅れてしまいます。
そんな時の定職に就くまでの間のつなぎ資金として使うこともできるクレジットカード現金化です。

また、便利な方法の1つとして、クレジットカード現金化で借金の一本化ができます。いくつか借入れがあるなら1つにまとめるほうが返済も楽になります。利息も減りますし。
その一本化をクレジットカード現金化でやることができます。返済はカード会社に分割やリボで返済していくことになるでしょう。
こういった使い方もできます。

消費者金融?クレジットカード現金化?

お金に困ったとき、どこから借入れを考えますか?
まずキャッシングや消費者金融が思い浮かびますよね。今はクレジットカード現金化という方法もあります。消費者金融とクレジットカード現金化どちらを利用するほうが良いのでしょう。どちらのほうが得をするのでしょう。

まず消費者金融は貸金業法や出資法などによって年利最大18%までと決まっています。一方、クレジットカード現金化業者は金融業ではないので業者ごとに手数料は違い、換金率によって現金が受け取れます。

もし利息で考えた場合、消費者金融(年利18%)で10万円借りるとしたら、年利は18,000円になります。ではクレジットカード現金化の場合はどうでしょう。まず換金率が90%だとして10万円現金化したら・・
年利・・なんと!!100,000円以上です。お分かりでしょうか。もしこれが金融だったら法外な手数料ということになります。

闇金並みの手数料です。

クレジットカード現金化はこのように割に合わない方法です。まずは消費者金融やキャッシングを使うことをお勧めします。

最終手段として、現金化を考えるといった方法を取りましょう。

クレジットカード現金化を使うメリット

前述でお伝えした通り、クレジットカード現金化は、消費者金融やキャッシング、カードローンなどよりかなり損をします。しかも、クレジットカードが利用停止になるリスクまであるという・・

それでもクレジットカード現金化をするメリットはあるのでしょうか。

・即日現金化が可能
借入れするにはどうしても審査が必要になります。そして、その審査には時間もかかり、審査落ちすることも考えられます。それに引き替え、クレジットカード現金化は審査がなく、本人確認だけでお金を受け取ることができます。お持ちのクレジットカードが本人のものであるかどうか確認するだけです。

午前中のうちに申し込みし、本人確認ができれば当日中に自分の口座に送金してもらうことができます。普通の借入れでは難しいですよね。このように急ぎで現金が必要な場合に頼ることができるのがクレジットカード現金化です。

・信用情報機関に履歴が残らない
借入れやローン、クレジットカードのキャッシングなどを利用する場合には、信用情報機関に利用履歴が登録されます。この人は借入れやローンをしている、返済をきちんとしている、または返済が滞っているなど自分の金融情報が全てこの信用情報機関に登録されます。

その情報に傷がつくような行為をすれば、今後借入れやローンを組むこともできなくなる可能性が出てきます。
そして、クレジットカード現金化ですが、このクレジットカード現金化はショッピング枠を使うため信用情報機関には登録されません。ショッピング枠は異なる扱いになります。現金化後の支払いはきちんとしていかなければなりませんが、信用情報に響くことがないのは安心できます。

・借金をしていると思われたくない
中には借金という響きが嫌という方もいるかもしれません。でも、お金が必要な場合、借金に頼るしかありませんが、クレジットカード現金化は信用情報機関とは無関係なので、借金と捉えづらいということもあります。支払いはショッピング感覚でカード会社にしていけば良いので。

借金をするのが嫌という理由で、クレジットカード現金化を利用する方もいます。

無職でクレジットカード現金化する時の注意点

自分名義で利用可能なクレジットカードがあるなら、現金化の利用は何ら問題はありません。
しかし忘れていけないのが、現金化したあとにクレジットカードの支払いが必ずやってくるという事実です。

使った分は必ず支払わないといけませんが、無職で収入が途絶えている状態でどうやって返済をするのでしょうか?
万が一、返済が遅延してしまいカードが利用停止になると、今後新たにクレジットカードを作ろうとしてもなかなかできなくなります。

後で失業手当の支給がある、もしくは再就職の予定があるなど、見通しがはっきりしているときだけクレジットカード現金化を利用するようにしましょう。

無職の人にオススメ!クレジットカード現金化以外の現金化方法をご紹介!

近頃、様々な方法で現金化ができるようになりました。クレジットカード現金化にはリスクが伴うので他の方法を検討してみるというのも手ですよ。

・アマゾンギフト券で現金化
今人気急上昇中なのがアマゾンギフト券で現金化です。アマゾンギフト券専門の現金化業者も存在するくらい利用者が増えています。こちらはアマゾンギフト券をサイトや店舗で購入し、業者に買い取ってもらうといった現金化方法です。もちろん手数料がかかるので100%で換金することはできません。

・キャリア決済で現金化
ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話料金と一緒に支払いができるキャリア決済。
このキャリア決済を使ってショッピングすることも可能で、ショッピングの支払い代金は携帯電話料金と一緒に請求されます。キャリア決済を専門で行う業者が存在し、クレジットカード現金化同様100%の換金率とはいきませんが、キャリア決済枠で現金化することが可能です。

キャリア決済を使ってアマゾンギフト券やiTunesカードを購入し、それを業者に買い取ってもらって現金化する方法です。

・仮想通貨で現金化
仮想通貨を現金に換えるといった方法です。持っている仮想通貨を両替商で日本円に換えれば現金が受け取れます。ビットコインはクレジットカードで購入することも可能です。購入後この通貨が使えるようになるには1週間前後かかりますので、すぐ現金が必要な場合には向きませんが、前もって手続きをしておけば使うことができます。

・メルカリやラクマで現金化
いらなくなったものをフリマで売って現金に換える方法がありますが、今はフリマアプリで家にいながら簡単に売ることができます。不要なものがない、何十万か必要といった場合には使うのが難しいですが、メルカリで人気なものや高く売ることができるものを別途クレジットカードなどで購入し、メルカリで売れば、クレジットカード現金化よりも高い換金率で売れる可能性があります。

無職の間はこのような方法を使って、一時的にしのぐことは可能です。ですが、なるべく早く復職をして安定した収入が得られるようにしましょう。このような方法ばかりに頼っていればいつか破産してしまいます。

計画的に利用しなければなりません。

無職になってしまったのは、想定外だったかもしれませんが、そういった場合に備えて、半年くらいは暮らせるくらいの貯蓄をしておくと良いでしょう。


スピードクレジット
評価:4.6
最高還元率:98%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
おひさまクレジット
評価:4.4
最高還元率:97%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
和光クレジット
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
スピードクレジット おひさまクレジット 和光クレジット
評価:4.6
最高還元率:98%
評価:4.4
最高還元率:97%
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み お申し込み お申し込み

関連記事

  1. スピードクレジット
  2. おひさまクレジット
  3. 換金館
  4. キャッシュライン
  5. 換金クレジット
  6. あんしんクレジット
  7. 安心くん
  8. 24キャッシュ
  9. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  10. スマイルギフト