無職でも作れるクレジットカードはこれ!条件や審査について解説

無職でも作れるクレジットカードはこれ!条件や審査について解説

無職はクレジットカードを作れないと勘違いしていませんか。
申し込み条件はクレジットカードによって違います。本当のところはどうなのでしょう?

無職がクレジットカードを作れるか

無職でも作れるクレジットカード

以上の2点を解説します。

無職でもクレジットカードを作りたいという人は必見!

無職でもクレジットカードを作れるのか?

男性 クレジットカード
無職の場合、クレジットカードを作れる場合もあれば、作れない場合もあります。無職がクレジットカードを作れるかどうかは「条件」と「個人の事情」によって変わります。

無職がクレジットカードを作るなら「条件」をよく見よう

クレジットカードにはそれぞれ申し込み条件が定められています
この条件に「定職に就いていること」や「本人に安定収入があること」などが記載されていたら、作ることは難しいという判断です。

クレジットカードの中には「専業主婦OK」や「年金受給者でも申し込みできます」「学生でもOKです」というカードがあります。こういったカードの場合は条件で無職を排除していないため、発行の可能性ありです。

条件をチェックして、無職でも作りやすいカードに申し込むことが重要ということですね。

信用情報などの「個人的な事情」も発行の可否に関わる

無職の人が2人いたとして、2人はそれぞれ生活状況が違いますよね。クレジットカードは「個人の事情」でも発行の可否がわかれます。

信用情報に傷がある(滞納があった など)

申し込みの時に虚偽があった(仕事をしているなどと嘘をついた など)

住所不定である(クレジットカード会社が連絡に困る!)

以上のような個人の事情があれば、発行できない可能性があります。

無職でもクレジットカードを作れるかは最終的に審査で決まる

「申し込み条件で無職を排除していないクレジットカードに申し込む」

「信用情報に傷がないなど、クレジットカード会社の求める個人的事情の基準を満たしている」

第一にこの2つを満たしていることが重要です。

クレジットカードを発行できるかどうかは、最終的にカード会社の審査で判断されます。

審査では、クレジットカードの申し込み条件を満たしているかどうかや、信用情報などの個人的事情をチェックされます。カード会社の審査で「申し込み条件も個人的な事情も基準を満たしている」「発行しても大丈夫」という判断が下れば、無職でもクレジットカードは作れるという結論です。

無職でも作りやすいクレジットカード3つ

男性 クレジットカード
無職でもクレジットカードを作れる可能性があるのか。じゃあ、申し込んでみよう。
そう思っても、具体的にどんなカードに申し込めばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、無職でも申し込みOKな代表的クレジットカードを2つご紹介します。

イオンカード

無職でも作りやすいカードの代表格として知られているのが「イオンカード」です。白い犬がマスコットになっているお馴染みのカードですね。

マックスバリューやイオンは全国展開している上に店舗数が多いという特徴があります。イオン系列のお店では定期的にポイント還元がアップするキャンペーンなどが行われているため、ポイントをたくさんためやすいという特徴も。提携店が多く、貯めたポイントを使いやすいところも嬉しいですね。

イオン系列店には、主婦やシニア層も食材や日用品を買いに足を運びます。

メインターゲットが主婦やシニア層だからこそ、イオンカードは専業主婦やシニア層でも申し込み可能。「無職は一切カードを作れません」という条件をつけてしまうと、専業主婦やシニア層を怒らせてしまいますよね。だからこそ、審査をパスすれば無職でも作れるクレジットカードになっています。

楽天カード

クレジットカードにあまり興味のない人でも知っている可能性ナンバーワンのクレジットカード。テレビやネットで盛んに宣伝されているので、持っていないのにカードデザインを知っていることも多いはず。そんな「楽天カード」も、無職が作りやすいクレジットカードの代表格です。

楽天カードの公式サイトには、はっきりと「高校生を除く18歳以上の方であればどなたでも申し込み可能」と記載されています。年収などの条件はなし。条件の時点で無職を排除していません。18歳以上であればウェルカムという感じのクレジットカードです

楽天カードのポイント還元は1%で、年会費は永年無料です。提携しているお店も多いため、使いやすいクレジットカードとしても有名ですね。

MUFGカード スマート

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードで、年会費は初年度無料、2年目から1000円になります。

銀行系の伝統的なクレジットカードなので審査が厳しいと思われがちですが、無職でも審査に通った例が報告されています。

ウェブからも申し込みができますが、銀行の店頭で申し込みをした方が有利になります。

楽天カードやエポスなどの審査に通りやすいと言われているカードで審査落ちした後でも、このカードは作れたという報告もあります。

一度、試してみる価値はあるかと思います。

プリペイド方式のクレジットカードなら審査は不要

クレジットカード 店舗
そもそも、クレジットカードが必要な理由はなんでしょうか。

例えば、クレジットカードがなくて困る場合に、ネットでの支払いがあるかと思います。

インターネットでの支払いにクレジットカードしか支払い方法が使えないときに不便ですよね。

その場合、Vプリカなどのプリペイド方式のクレジットカードを作るのも一つの方法です。

Vプリカは、アプリ上にVISAのバーチャルなクレジットカードが発行してもらえるサービスで、審査が不要で利用できます。

もちろん、カード番号や期限などもちゃんと個別のものが発行されます。

クレジットカードと違うのは、代金は前払いでチャージする必要があることです。

お金はあるけど、決済手段としてのクレジットカードが必要という場合にはこのようなプリペイド方式のカードも有効でしょう。

無職でも自営業として申請できる?

個人事業 確定申告
クレジットカードの申請には、職業を書く欄があります。

無職として申告しても審査に通る場合もありますが、審査に不利になるもの確かです。

それを避けるために、「自営業」「個人事業主」として申告する方法があります。

WEB制作業や、デザイン事務所のように申告すれば、実質無職であっても仕事アリ状態で申し込むことができます。

クレジットカードの審査では、所得証明が不要なことがほとんどですので、自己申告が本当かどうかまで調べることはできません。

僕が以前、無職だったときにクレジットカードの審査に通った申請内容をご紹介します。

<申請内容>
年齢:34歳(独身)
居住年数:7年(実際2年)
職業:デザイン事務所(実際は無職)
勤務履歴:5年
年収:480万
会社住所:事務所兼自宅
固定電話:IP電話
免許証:有

こんな感じの内容でもクレジットカードがばんばん作ることができました。

しかも、過去には消費者金融やVISAを踏み倒したこともありました。

キャッシングを設定せずに作る

キャッシング お金
クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠は買い物をするときに使う枠で、キャッシング枠は現金を引き出すことができる枠です。

キャッシング枠は本来はおまけ的なもので、クレジットカードの申込みをするときにキャッシング枠の有り無しを選択することができます。

実は、キャッシング枠をつけるとクレジットカードの審査が厳しくなります。

場合によっては、キャッシング枠を設定する場合は所得証明が必要になる場合もあります。

ですので、クレジットカードの審査を通りやすくするためにも、キャッシング枠を付けずに申請するのも一つの手です。

安全・高買取率でクレジットカードを現金化するには?

自分でやる現金化はカード停止などのトラブルが起こりやすいですが、第三者を介在させることでカード事故が起きづらくなります。 ぜひ現金化業者を利用しましょう。

キャッシュバック率も高くて、即日振込にも対応してくれます。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

アースサポート
評価 4.4
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都港区芝浦4丁目

即日振り込み可能で最短30分、夜間・土日祝日も振り込み可

7:30〜22:00(年中無休)

あんしんクレジット
評価 4.3
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

アースサポート
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 98.8% 東京都港区芝浦4丁目

即日振り込み可能で最短30分、夜間・土日祝日も振り込み可

7:30〜22:00(年中無休)

あんしんクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.3 98.8% 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

関連の記事