クレジットカード現金化は店舗あり業者を選ぶといい

クレジットカード現金化は店舗あり業者を選ぶといい

クレジットカード現金化業者は怪しいところも多いので、できるだけ安心できるところを選ぶのが大切です。
実は店舗があるかどうかも、クレジットカード現金化業者を選ぶポイントのひとつになります。

クレジットカード現金化業者について

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を使って現金に換えることで、借入れと違い、審査もないのですぐにお金が必要な場合にとても便利な方法です。また、キャッシングなどができない人にとっては強い味方になってくれるので非常に助かる方法です。

クレジットカード現金化には現金化専門の業者があり、この現金化業者に頼んで現金化すると、あっという間に簡単に現金を受け取ることができるので、自分で現金化するよりもとても楽です。

クレジットカード現金化自体は違法ではありませんが、カード会社の規約では換金目的での商品購入は禁止とされています。もし、カード会社に見つかれば、厳重注意、またはカードの利用停止や最悪は退会させられる可能性もあります。

ですから、慎重に行動しなければなりません。軽い気持ちで現金化するのは危険です。
信頼できる現金化業者に依頼するようにしましょう。依頼したところが悪徳業者だったとしたら、すでに手遅れです。申し込む前に、きちんと調べてから利用しましょう。

もし、悪徳業者を利用してしまったら、振込みしてもらえなかったり、個人情報を悪用されたり、カード会社に現金化がバレてしまったりと最悪な事態に陥ってしまいます。

きちんと調べて優良業者を選べば大丈夫です。

クレジットカード現金化業者は、店舗を持っている業者とネットのみで営業している業者があります。どちら選ぶのが良いのでしょう。

店舗運営している業者

店舗でクレジットカード現金化を行っている業者は、買取方式を採用している場合が多いです。店頭で販売している商品を購入し、それをまた業者に買い取ってもらうといった方法で現金化することです。

最近は金券ショップでもクレジットカード現金化ができるところが増えています。駅前の金券ショップなら安心して入れるのではないでしょうか。

デメリットとしては誰かに入るところを見られてしまう可能性はあります。クレジットカード現金化をするところを見られたくないという方は多いと思います。

ただ金券ショップなら、知人に見られても金券の売買のためだと思われるでしょうから安心できます。

クレジットカード現金化を専門で行っている業者の店舗は、基本的に駅前ではなく、駅から少し離れた路地裏などにある雑居ビルなど、明らかに怪しい雰囲気のビルの一角で営業している場合が多いです。

入るのにけっこう勇気がいります。女性ではとても入りづらいでしょう。

では、店舗でクレジットカード現金化をするメリットは何でしょう。

まず、その場で現金化が可能ということです。店頭で購入し買取りまでしてもらえ、すぐに現金が受け取れます。30分くらいあれば手続きは完了しますし、すぐに手元に現金が入るということは安心できますよね。

ネット業者ですと、ちゃんと振込みしてもらえるのか心配になりますから。そして、直接店員さんと顔を合わせて話ができることも安心できるのではないでしょうか。

ネット業者ですと、顔を見て話すことができないのでどんな人なのか、安全な業者なのか不安になることも多いでしょう。

店舗なら直接店員さんから手続きの説明を聞くことができます。顔を見てやりとりできるので安心して現金化できます。

また、ネット操作が苦手な人にも向いている現金化方法です。ネット業者での現金化にはネット環境が欠かせません。簡単と謳ってありますが、それなりに使いこなせない人には難しいかもしれません。特に年配の方は苦手な人が多いですよね。

そんな時は、店舗で現金化が向いています。

店舗があると安心?

クレジットカード現金化もウェブ申込みが当り前になっている中、店舗を構えずネット専門で営業している業者も少なくありません。
もちろんネット1本で営業している業者が必ずしも悪いというわけではありません。
しかし、店舗が無くウェブサイトのみの営業だと居場所もはっきりせず、不安要素になるのです。

悪徳業者にありがちなのが、ウェブサイトに架空の住所を掲載する手口です。
架空なのでもちろん実店舗もありませんし、都合が悪くなれば連絡が取れなくなって消えてしまいます。
そしてまた会社の名前を変え、別の業者として営業をし始めるのです。

実店舗があるということは、少なくても実在している業者だということが分かります。
すぐに消えてしまうネットだけの現金化業者より、ずっと安心度は高いでしょう。

また、営業実績が長ければより良いです。
店舗を構えて詐欺を行っていては、すぐに訴えられて摘発されてしまうでしょう。
営業を続けられているということは、何度も利用する人がいたり口コミで評判が広まったりして、運営が安定しているということも考えられます。
同じ場所での営業実績を積んでいるところだとより安心ですね。

店舗があってもWebから申し込みできる業者

店舗がある現金化業者がいいからといって、窓口申込みじゃないといけない訳ではありません。最近では店舗運営している業者の中にもネットでの申し込みを行っている業者もあります。来店でもネットからでも申し込みができるということです。

クレジットカード現金化を人に知られたくない人は、店舗に入るところを見られたくないでしょう。
あるいは遠方に住んでいる人の場合、近くに店舗があるとは限らず、利用したくても利用できません。そんな時は、ネットからでも申し込みできればとても助かりますね。

大事なのは店舗があるかどうかという点です。
実店舗もあってウェブ申込みができるクレジットカード現金化業者なら、敢えて店舗利用をしなくても大丈夫ということです。
自分の都合に合わせて便利な申込方法を選びましょう。

ネットのみで運営している業者

ネット業者の現金化はキャッシュバック式を採用していることが多いです。業者指定のサイトで100均などで売っているような商品を購入します。購入特典として希望した金額の現金が受け取れます。現金は自分の口座に振込みしてもらえます。これがキャッシュバック式です。

最近は店舗を構えている業者よりネット業者のほうが遥かに多いです。なぜなら店舗運営すると何かと費用が発生してしまうからです。ネットのみでの営業なら家賃、光熱費など最小限に抑えることができます。

また、費用が抑えられるため、店舗型の業者よりも換金率が高いことがほとんどです。それに、ネット環境さえあれば日本全国どこにいても取引きができるでとても便利です。わざわざ店舗に出向く必要がないということです。家で寝っ転がりながら、スマホからでも申し込みできるので、とても簡単に現金化できます。

定休日がなく24時間申し込みできるのもとても助かります。いつでも土日関係なく営業しているので、いつでも振込みしてもらえます。振込みまで最短10分という業者もあります。

買取式はカードが利用停止になるリスクがあるとお伝えしましたが、キャッシュバック式では利用停止のリスクは各段に減ります。それは、現金化業者自身で、カードの決済をしていないからです。間に決済代行業者を挟んでいるためカード会社にはバレにくいのです。

カード会社には何を購入したのか分からないように情報が届くため、突っ込まれることはありません。

ネット業者を利用する場合のデメリットとして、悪徳業者が混ざっているということでしょうか。ほとんどは優良業者ですが一部悪徳業者がいるのは事実です。そういった業者に引っかからないとは言い切れないためこれも1つのデメリットです。

利用する際は、よく業者を比較してから申し込みしましょう。

クレジットカード現金化業者を利用するメリット

クレジットカード現金化は自分でやることもできます。しかし、現金化業者を使うメリットがあります。

10分~30分で現金化が可能という点です。
自分で現金化する場合、換金性の高い商品を購入して金券ショップや質屋に持ち込まなければなりません。時間や手間がかかります。それに比べ、店舗業者にしてもネット業者にしても業者を利用すれば、すぐに現金が受け取れます。手間なく簡単に現金化が可能です。

急に出費が発生し、現金が必要になった場合、自分で現金化するには手間がかかりすぎます。

そんな時は、業者を利用すればあっという間に現金が手に入ります。

また、自分で現金化するより利用停止のリスクも低いので、危ない橋は渡りたくないという方は業者を利用したほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化業者を利用するデメリット

一方、現金化業者を使うデメリットとして、自分で現金化するより換金率が悪くなるということでしょうか。

自分で現金化する場合は、金券などをショップに持ち込んで買取りしてもらいますが、その換金率だけで現金が受け取れます。98%くらいの還元が得られることもあるでしょう。

しかし、業者を使う場合、他に手数料などが発生してきます。手数料は一切かからないとホームページに謳っている業者もありますが、結局は換金率に含まれていて他社よりは低い換金率が表示されています。最終的に60%~85%といったところでしょうか。

換金率にこだわるなら自分で現金化したほうが良さそうです。ただ、自分で現金化する場合はカードの利用停止のリスクもあるので慎重に!!

悪徳業者の見分け方

現金化業者の中には悪質な業者も存在しています。今までの被害としては、”決済したのに振込みをしてもらえなかった”、”紹介屋などと繋がっていて闇金などへ誘導された”、”個人情報を悪用された”などがあります。

そんなことを聞くと、業者を利用するのが怖くなりますよね。
でも、悪徳業者を見分けて、優良業者を選ぶようにすれば大丈夫です。

悪徳業者の特徴として・・

・ホームページの作りが雑
ホームページが見づらく、雑な作りになっている業者はあまり信用できません。また、スマホに対応しているかも確認しましょう。優良業者のホームページは明るく、利用者に分かりやすく丁寧に作られています。気にして見ていると一目瞭然です。

・電話対応が雑
悪徳業者に良くあることですが、電話の対応が雑だったり、威圧的な対応をしてくることがあります。業者を選定したら、利用前に一度電話で問い合わせなどをしてみると良いでしょう。そして、わざと細かいしつこい質問などをしてみるのも良いでしょう。面倒がるような対応が感じられたり、答えがすぐに返ってこなければ一旦考え直したほうがいいかもしれません。優良業者であれば、どのような質問にも丁寧に答えてくれます。そして、すぐに答えも返ってきます。また、女性スタッフがいることも確認しましょう。男性スタッフしかいない業者は悪徳業者である可能性もあります。悪徳業者は女性を雇わない傾向にあるため確認しておくといいでしょう。

・換金率があまりにも高い
90%以上の高換金率を表示している業者も存在しますが、一般的に考えてそのような換金率での現金化はありえません。高い換金率を表示して利用者を引き付けて、実はとんでもなく悪い換金率で取引きしてくる業者もいます。あまりに高い換金率表時には要注意です。

店舗を利用する場合にもデメリットがある

店舗で現金化する場合、安心できるメリットがたくさんあります。しかし、その反面デメリットも存在します。
店舗で現金かする場合のデメリットとして、クレジットカードが利用停止になるリスクがあるということです。

というのも、店舗での現金化方法は買取式の場合が多いと説明しました。業者の店頭で扱っている金券やブランド品、家電など指定された商品を購入し、買い取ってもらいますが、換金性の高い商品の購入は、クレジットカード会社から怪しまれる可能性があります。それは換金目的での購入は禁止されているからです。

カード会社は厳しく監視しているため、何度もこの現金化を繰り返したり、高額商品に手を付けたりすれば、カード会社から問い詰められることもあるでしょう。

現金化がバレれば、クレジットカードは利用停止を食らいます。今後このカードが使えるようになるのはかなり難しくなります。利用停止の情報は信用情報機関に登録されますから、新たなクレジットカードの新規発行もできないでしょうし、最悪な結果を招きます。

かなり慎重になったほうがいいでしょう。

また、店舗型の現金化業者は換金率が低いというのもデメリットの1つです。ネット業者に比べ、店舗を運営する業者は何かと費用がかかります。店舗の家賃や税金、光熱費など店舗を構えるといろいろとお金が発生します。

そのため、ネット業者より換金率は低く設定されていることが多いです。要するにネット業者より換金率が悪いということです。

これはショックですよね。このようなデメリットもありますが、それでも安心して現金化したいなら店舗型を選べばいいし、換金率はできるだけ高いほうが良いという方はネット業者を選べば良いのです。

自分に合った方法が良いということです。

人気のクレジットカード現金化ランキング


スピードクレジット
評価:4.6
最高還元率:98%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
おひさまクレジット
評価:4.4
最高還元率:97%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
和光クレジット
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
スピードクレジット おひさまクレジット 和光クレジット
評価:4.6
最高還元率:98%
評価:4.4
最高還元率:97%
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み お申し込み お申し込み

関連記事

  1. スピードクレジット
  2. おひさまクレジット
  3. 換金館
  4. キャッシュライン
  5. 換金クレジット
  6. あんしんクレジット
  7. 安心くん
  8. 24キャッシュ
  9. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  10. スマイルギフト