クレジットカード現金化と債務整理の関係|免責されないって本当?

クレジットカード現金化と債務整理の関係|免責されないって本当?

負債が積もりに積もって、慢性的な借金苦に陥る。こんな時に検討すべき方法の1つが債務整理です。

債務整理とは、読んで字のごとく「債務を整理すること」です。弁護士などの法律のプロに依頼し、返済に困っている債務を整理してもらった上で新たな人生のスタートを目指します。

ただし、債務整理では免責されないケースがあるため注意が必要です。クレジットカード現金化が免責に影響を及ぼす可能性もあるため、さらに注意が必要になります。

クレジットカード現金化と債務整理の関係について知識を深めておきましょう。

債務整理の3つの方法とは|任意整理・個人再生・自己破産

債務整理(債務を整理する方法)には、3つの方法があります。3つの方法とは「任意整理」「個人再生」「自己破産」のことです。任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法を総称して、一般的に債務整理という名前で呼ばれています。

クレジットカード現金化と債務整理の関係をおさえる前に、まずはカンタンに債務整理の3つの方法について知っておきましょう。

①任意整理とは

リボ払いやカードローンの返済が苦しい。こんな時によく使われる方法が任意整理です。

債務整理の3つの方法の中では「利息などをカットすることによって返済できそう」というケースにおいてよく選択されています。債務整理の中では比較的ソフトな方法と言えるでしょう。

任意整理によって利息をおさえることができれば、残るは元金の返済になります。任意整理を使えば、返済が楽になることが多いのです。

②個人再生とは

個人再生とは、お金を貸す側である銀行や消費者金融と話し合うことで、利息や元金をカットするという債務整理の方法です。利息や元金をカットできれば、その分だけ返済負担が軽くなり、まさに「個人が再生できる」「新しい人生を歩みやすくなる」というわけです。

個人再生では、どのように債務からの再生をはかるか、再生計画を練ることになります。任意整理よりも一歩踏み込んだ債務の整理方法と言えるでしょう。

③自己破産とは

裁判所に破産を申し立てることにより、債務を免責してもらう債務整理の方法です。

債務を整理するというより、「許してもらう」という方法なので、債務整理の中では最も効力の強い方法でもあります。多重債務の返済に行き詰まり、まったく返済の目処が立たない。債務を整理してもしきれない。こんな時に使われる代表的な方法が自己破産なのです。

多くの借金を抱える人にとって、免責は魅力的です。債務を整理して返済しようというより、帳消しに近いのですから。

苦しんでいる債務が消える。こんなに嬉しいことはありません。ただ、自己破産にはデメリットがあります。借金をマジックのように消してしまう制度ではなく、免責を受けたいと申し立てる代わりにデメリットも甘受しなければならないのです。

デメリットは次の3つです。

官報に名前が掲載されてしまう

→破産者として名前が大々的に掲載されるため、周囲にバレる可能性あり。

新規の借入が制限される

→自己破産したのだから、借り入れは暫く我慢しなさいということ。5~10年は新規の借入が不可に。

免責されないケースがある

→自己破産を申し立てたからといって絶対に免責されるわけではない。「ダメ」と言われることも!

クレジットカード現金化により自己破産ができなくなる?

自己破産では、絶対に免責されるわけではないという話をしました。免責されないケースには、次のようなものがあります。

自己破産で免責されない代表的なケースとは

1、財産隠しがあった

自己破産の手続きの中で意図的に財産隠しをしたり、自分の財産を親族名義に変えたりすると、免責が不許可になる可能性があります。

2、キャンブルによって浪費してしまった

収入を超える買い物を繰り返していたり、競馬やパチンコによって自己破産に繋がった場合は免責されない可能性があります。

3、特定の債権者だけ贔屓していた場合

仲の良い債権者にだけ優先的に返済するのはダメということ。免責によって多くの債権者が泣きを見ることになるのに、1人の債権者だけ贔屓してしまってはズルに等しいからです。

4、換金行為があった

クレジットカードなどで購入した品物を換金していた、などがこれにあたります。

5、その他

詐欺的な借り入れをしていたり、手続きの中で嘘をついていたりすると、免責が受けられない可能性があります。

クレジットカード現金化で免責が受けられない可能性あり

特に注目したいのは4。クレジットカード現金化をしていると、自己破産で免責を受けられる可能性が低くなるのです。

クレジットカード現金化と債務整理の関係に普段から注意を

クレジットカード現金化を1回でも行っていると、絶対に免責されないというわけではありません。免責の判断は裁判所が行うため、免責が許されるかどうかは裁判所次第になります。

裁判所が判断を下す際は「悪質か」「本人が反省しているか」などのポイントも考慮されるため、自己破産の手続きを進めてみなければ判断が難しいのです。ただ、クレジットカード現金化をしていると、債務整理の中の自己破産という方法においては免責の可能性が下がるという点を把握しておきましょう。

自己破産で対応できる可能性が高いかどうかを弁護士に相談し、進め方を要検討することが重要です。

自己破産の他にも債務整理には方法があります。債務整理の他の方法を検討してみることも重要です。任意整理は裁判所を利用しないというメリットがあります。別の方法を選べば、自己破産の免責について悩む必要はありません。

お金が必要。現金をすぐに準備しなければ。誰でもこんな状況に陥る可能性があります。普段から注意して、自分に合った金策をよく考えましょう!

安全・高買取率でクレジットカードを現金化するには?

自分でやる現金化はカード停止などのトラブルが起こりやすいですが、第三者を介在させることでカード事故が起きづらくなります。 ぜひ現金化業者を利用しましょう。

キャッシュバック率も高くて、即日振込にも対応してくれます。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.2
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

関連の記事