クレジットカード現金化はキャッシングと違って金利が0円?

クレジットカード現金化はキャッシングと違って金利が0円?

クレジットカード現金化は金利が高いというイメージを持つ人もいます。
ところが現金化のよくある説明を読むと、「金利がかからない」と書いてあることがあるんです。
非常に誤解を生むこの2つの事柄について、詳しく説明していきます。

カード現金化業者は貸金業じゃない?

普通、金融機関などからお金を借りる場合、必ず金利がかかります。金利は各金融機関ごとに設定していますから、金利の低い金融機関で借りたほうがお得ということです。

一方、クレジットカード現金化は貸金ではありません。カード現金化業者を消費者金融と同じ様に思っている方もいるかもしれませんが、カード現金化は貸金業ではないのです。

そのため「金利がかからない」と謳われています。

クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング機能を使って買い物し、キャッシュバックや買取りといった方法を使って現金化するサービスです。
カード現金化業者はお金を貸すわけではありません。

クレジットカード現金化は要するに、普通にクレジットカードを使って買い物する時と同じで、カード会社へ後に支払いするのです。
借金はカード会社にしていることになるのです。

クレジットカード現金化って?

先ほどお伝えした通り、クレジットカード現金化はクレジットカードで買い物をして、それを現金に換えるサービスです。主に買取式とキャッシュバック式という方法で現金化します。

自分でクレジットカード現金化することもできますが、その場合、買取式になります。どこかで換金性の高い商品を購入して、それを質屋など買取店に持ち込み、現金を受け取るといったやり方です。

キャッシュバック式は、現金化業者を通して現金化する場合のやり方です。
業者指定の商品をネットショップで購入し、そのキャッシュバックを現金で受け取るといった方法です。業者を利用して現金化する場合、最近ではこちらが主流となっています。

クレジットカード現金化は金利がかからないだけでなく、審査もなくクレジットカードを持っていれば誰でも利用できます。
クレジットカードの申込みをした時に審査を通過しているわけですから現金化の際には審査はありません。
だから、クレジットカード現金化を利用するときには審査が必要ないんです。

審査落ちして、現金が受け取れないといったこともありませんし、自分名義のクレジットカードを持っていれば必ず現金が受け取れます。

ただクレジットカードは自分名義のものしか使用してはいけないことになっています。
カードの不正利用を防ぐため、現金化業者では本人確認を行っています。盗難されたクレジットカードの可能性もあるため、必ず本人確認があります。

本人確認は免許証や保険証などの提示で簡単に済みますが、中には悪徳業者もいますし、よく分からない業者に提示するのはあまりいい気分はしないでしょう。詐欺被害なども報告されていますからできるだけ信用できる業者を探したいものです。

また、クレジットカード現金化は優良な業者に依頼すれば、即日現金が受け取れます。最短30程度で現金が受け取れますから、急にすぐに現金が必要な場合にとても助かる手段です。

金利はかからないけど・・

クレジットカード現金化は金利がかからないというのは、非常に誤解を生みます。
確かにカード現金化業者は金融業者ではないので、金利はかかりません。

しかし、クレジットカードを利用する限り、金利というものからは逃れられません。現金化をすると、カード会社への返済になると前述でお伝えしました。
その返済が1回または2回払いであれば金利はかかりませんが、分割やリボなどで返済していく場合、カード会社へは金利はかかります。
ですから、金利がかからないという表現は正しいとはいえません。

金利はクレジットカードのショッピング機能の利用分に対してかかります。
リボ払いを利用すればその分の金利がかかるでしょう。
リボ払いの金利は一律で設定されていることが多く、15~18%が一般的です。
分割払いの場合は支払い回数が少なければ少ないほど金利は低く抑えられます。
例外として2回払いまで、そして一括払いを選択したときのみクレジットカードの金利はかかりません。

なるべく1回や2回で返せれば良いのですが、高額だと難しいですよね。分割で少ない回数で返せるようにしましょう。

クレジットカード現金化サービスを利用するときにも一括払い、2回払い、分割、リボなど自分に合った返済方法を選ぶことができます。
これならお金が必要になったとき、クレジットカード現金化を利用したくなりますよね。

けれど、このカード会社の金利以外に手数料がかかるんです。

カード現金化業者も商売ですから、自分の分の手数料を取ります。
手数料がどれだけかかるのかは、換金率や還元率というパーセンテージで示しています。業者ごとに設定していますから、換金率が高いほうが多く現金が受け取れます。
つまり95%の還元率と表示されていれば、残りの5%がカード現金化の手数料ということになります。

ですが、換金率や還元率が90%以上の表示があってもたいてい80%前後の還元になることが多いです。それだけ別途他の手数料がかかるのです。その上、カード会社の金利がかかれば、クレジットカード現金化にはそこまで魅力を感じるものでもありません。

支払わなくてはいけない手数料と金利を計算

なかなか分かりづらいカード現金化の金利について、具体例を用いて説明しましょう。
ここではキャッシュバック方式で説明します。

例)ショッピング枠10万円を使って現金化希望、還元率90%のサービスを利用
1・現金化業者の指示に従い10万円の品物をクレジットカードで購入
2・現金化業者から90,000円の振込(ここで10,000円の手数料を支払ったことになる)
3・後日カード業者から利用分の請求(10万円+金利手数料)

つまり、カード現金化業者へは10万円の10%である10,000円を最初に天引きされ支払っています。
そして間違えやすいのは、金利がどれだけの額面にかかるかということです。

90,000円しか手元に入っていないので、その額面に対する金利と勘違いしてしまう人もいます。
しかし、金利手数料はあくまでもカード会社に支払う料金です
カード会社は最初に10万円を立て替えて現金化業者に支払っているのですから、利用者は10万円にかかる金利手数料を支払わなくてはいけません。

もし一括払いを選択したなら金利はかからず、現金化業者に10,000円支払うだけで済みます。
しかしリボ払いをしたなら、10万円にかかるリボの金利分を支払う必要があります。
既にリボで利用した分があるなら、その分の金額を合わせた額に対して金利がかかります。

年利15%のカード会社が多いです。10万円を1年かけて支払うなら約7,000円の金利がかかることになります。

この場合、かかった費用は現金化業者に引かれた1万円と約7千円の手数料、合わせて1万7千円がかかってしまいました。

非常に便利なカード現金化ではあるものの、支払うべき金利のことは忘れてはいけません。
ピンチのときに必要最小限、そして返せる見込みのある額を計画的に利用するようにしましょう。

損せずにクレジットカードを現金化するには

損せずに、安全にクレジットカードを現金化をしたいなら現金化業者を利用をおすすめします。

買取率が高く、即日振込にも対応してくれます。 自分でやるのに比べてでカード会社バレなどのリスクも軽減します。


ゼロスタイル
評価 4.6
最高買取率 99.2%
即日振込
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目

各種手数料¥0、見積もり¥0。運営16年、18000人利用の実績

年中無休 9:00~20:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

換金クレジット
評価 4.2
最高買取率 96%
即日振込
所在地 東京都千代田区

リピーターなら最短5分、24時間夜間の振込対応も可能

8:00~21:00 年中無休

ゼロスタイル
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 99.2% 東京都渋谷区渋谷2丁目

各種手数料¥0、見積もり¥0。運営16年、18000人利用の実績

年中無休 9:00~20:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

換金クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 96% 東京都千代田区

リピーターなら最短5分、24時間夜間の振込対応も可能

8:00~21:00 年中無休

関連の記事