カード現金化は違法?利用するのが怖い

カード現金化は違法?利用するのが怖い

クレジットカード現金化は何となく怪しいイメージがありますよね。
さらにカード現金化業者の摘発などもあり、ますます利用するのに躊躇するという人も多いでしょう。
そんなカード現金化の気になる違法性について考えてみましょう。

クレジットカード現金化は違法行為?

クレジットカード現金化を知っていますか?
街中にも「カードでお金」という貼り紙があったりします。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠、いつも私たちがお買い物をするときに使っている枠を現金に換えるというものです。
自分で現金化することもできますし、現金化業者という専門の業者もたくさんあります。

自分で現金化する場合、クレジットカードで換金性の高い商品を購入し、それを金券ショップまたは質屋のような業者に買い取ってもらい現金にします。

現金化業者に依頼する場合、各業者のホームページから申込みをします。折り返し、業者から連絡がきて申込内容の確認が行われ、指示されたネットショップで商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を受け取ることができるというものです。

これがクレジットカード現金化といわれるものですが、この行為は違法なのでしょうか。
自分でやる分には良さそうですよね。

様々な観点から見てみましょう。

法的観点から

クレジットカード現金化が法を犯すような行為ならば、避けたいと思う方が多いと思います。
今まで、摘発されている業者がいるのは事実です。

けれど、クレジットカード現金化を法的な観点から見た場合、違法だという法律はありません。
摘発されている業者は、別の事業も行っていてそちらのほうが原因で捕まっています。

もしクレジットカード現金化が犯罪になるなら、このように、たくさんの業者は生まれていないでしょうし、利用者もここまで増加していないでしょう。
街中やネットには、現金化の広告がたくさん溢れています。
もし犯罪なら、このように広告だって貼ることができないはずです。だって、すぐに摘発されてしまいますから。

クレジットカード現金化には主に2つのやり方があります。「商品買取式」と「キャッシュバック式」です。
このやり方により、法律に引っかかるか引っかからないかが変わります。

商品買取式というのは、換金性の高い商品を購入し、それを業者に買い取ってもらい現金に換えます。
キャッシュバック式というのは、業者指定のネットショップから価値のない100均で売っているようなものを購入し、そのキャッシュバックとして現金を受け取ります。

どちらが、法に引っかかるのでしょう。

・商品買取式
名前の通り、商品を買い取って現金と交換してくれるサービスです。
質屋や金券ショップなど昔からある手法のサービスですから、その業者が古物営業法を守って営業していれば問題ありません。きちんと営業許可番号を取得していれば違法ではなく、合法での取引を行っていることになります。

・キャッシュバック式
ネット業者のほとんどが、このキャッシュバック式を採用しています。
キャッシュバック式が該当する法律として、「景品表示法」です。

どのようなものかというと、販売にあたり、景品類(賞金や賞品など)をつけることは認められる。ただし、その表示が不当(虚偽・誇大)や景品類が過大だったりした場合、公正な競争が阻害され、消費者の適正な商品・サービスの選択に悪影響を及ぼすこともあるため不当なものは禁止となります。

景品表示法において、商品に付与する景品は商品価格の20%までとなっています。
ということは、換金率が20%になってしまうのではないかと焦ってしまう方もいるでしょう。

しかし、例外というのが存在し、キャッシュバックに関しては対象外となっているんです。

キャッシュバックは、すでに支払った代金の割戻しといえます。これは「値引き」と認められ、「景品類」にはあたらないことになります。値引きは対象外なのです。
そう考えると、法律的に見た場合、違反にはなりません。
ただ消費者庁が挙げている景品に関するガイドラインに指定されていないため、100%合法かというのは言い切れないところがあります。よって、白でもなく黒でもなくグレーということです。

クレジットカード会社の観点から

クレジットカード現金化は、カード会社は認めているのでしょうか。
カード会社が認めている行為なら、お金に困ったときにすぐに使える方法なのでとても便利です。

しかし残念ながら、カード会社は現金化行為を禁止しています。
全てのカード会社が、カードを作る際、「転売目的での商品購入は禁止」という規約を設けています。ですから、クレジットカード会社の観点では、違反行為となります。

違反に対する処分としては、カードの利用停止または強制退会となります。もちろん信用情報にも影響します。

ただよく考えると、転売目的での商品購入は禁止ということですが、キャッシュバック式はどうなるのでしょう。
商品の転売はありませんよね。

キャッシュバック式は自分が購入した商品が送られてきます。商品を転売する行為はありませんから、この規約には違反していません。
価値のないものではありますが、商品は手元にあるわけで、カード会社が怪しんで連絡してきても、ちゃんと証拠があります。

キャッシュバック式は転売ではありませんから、カード会社のルールだけを見れば違反行為には当たりません。

第三者の観点から

自分がクレジットカード現金化をした場合、周囲の人からはどう思われるでしょう。
きちんと計画的に考えて生活している人なら、クレジットカード現金化を使うことなんて考えられませんから、ちょっと引いてしまうかもしれません。

家族も同じです。知られてしまえば、叱られたり、うるさいことを言われてしまうかもしれません。

そう考えると、言わないほうが無難です。

自分の信用問題にもなりますし、あまり良く思われないことが多いです。もし、クレジットカード現金化に頼らなければならなくても、内緒で現金化したほうが良いでしょう。家族など周囲に知られずに現金化することはできます。

現金化業者はなぜ摘発された?

過去にカード現金化業者が摘発されたこともありますがその理由は、以下の通りです。

・他人のクレジットカードを無断で使用
・違法な金利で貸付をした

他人のクレジットカードを無断で使用するのは、間違いなく違法です。
これは現金化サービスを悪用した行為です。
利用者はむしろ被害者で、信頼して預けたカード現金化業者に情報を盗まれてしまったわけです。
現金化サービスを利用するときには絶対にカード番号とセキュリティコードは教えないようにしましょう。
もし聞いてくるようなら、その業者は使わないほうがいいです。

クレジットカード現金化はクレジットカード決済は自分で行います。通常、現金化業者はカード番号やセキュリティーコードなど必要としません

そして違法な金利ですが、あまりにも低い還元率での現金化が違法な金利での貸付と判断されたようです。
キャッシュバック方式のカード現金化はカード利用規約に違反せず安心と言われていましたが、貸付なのではないかと判断されることもあり、法的には非常にグレーな存在になってきています。

利用者は心配なし

カード現金化業者が摘発されたことにより、「利用した自分も逮捕されてしまうの?犯罪なの?」と心配になってしまう人がいるかもしれません。
しかしその心配は無用です。
自分名義のクレジットカードを使用しているだけですから、特に逮捕されてしまうようなことはないでしょう。

ただし、この自分名義のクレジットカードであるということがとても大事なポイントです。
家族名義でもダメですし、友人から借りてきたカードを使ってしまうのはもちろんいけません!
他人のカードを使ってしまった場合は違法になる可能性もでてきます。

そして気になるのは、やはりクレジットカードの利用規約です。
キャッシュバック付きの商品を購入するだけでは特に利用規約に違反しませんが、問題なのは買取式です。

先ほどもお伝えしましたが、転売目的で商品をクレジットカードで購入するのは、カードの利用規約に反するのです。
買取式はまさに転売で、クレジットカード決済した横から即転売しているようなものです。
もしカード会社に転売目的ということがばれたら、利用停止・一括請求という事態になりかねないのです。

買取式で現金化して、バレた場合、逮捕されることにはなりませんが、カード会社との規約に違反しますから、カード会社からはそれなりにお仕置きがあります。

利用者は詐欺に合わないようにするのが大事

カード現金化業者が摘発されたのは、悪徳業者だったからということが言えます。
やはりお金を扱う商売なので、どうしても悪徳業者がいます。悪いことを考えて騙そうとする業者もいるのです。
特にカード現金化はオンライン上で手続きが終わるのが魅力なので、店舗を持つ必要がないため悪徳業者も増えやすいのです。

ネットのみの申込ということは、相手の所在がはっきりしていないということになります。
ホームページは立派だけどその会社は本当にあるのか?そこが大事なポイントなのです。
もし詐欺業者であればバカ正直に会社情報を載せているはずはありません。
会社情報は曖昧、住所はデタラメ、代表者名も無い、連絡先は携帯電話番号のみ…
これでは明らかに詐欺業者だということが分かるでしょう。

詐欺を働く業者が所在地をはっきりさせないのは、行方をくらませやすいからです。
被害者がクレームを入れようと思ってももぬけの殻、摘発もされにくくなります。
そのような怪しい業者には絶対につかまらないようにしましょう。
安心なのはネットサービスだけではなく、実店舗を構えている業者です。
実際の店舗があるからあからさまに悪いことはできませんよね。

それが難しければできるだけ会社情報でリサーチして、怪しいところがないかを下調べしましょう。
事前に電話問い合わせしてみて、スタッフの対応で判断するのもいい方法です。

このようにカード現金化は便利なサービスではあるものの、利用する側も色々と気をつけないといけない点がたくさんあることが分かるでしょう。
悪徳業者に騙されないために、安易な考えで飛びつくのではなく、よくリサーチしてから利用しましょう。

高換金率でクレジットカードを現金化するには

手間をかけず、安全にクレジットカードを現金化をしたいなら、現金化業者を利用をおすすめします。

最高還元率90%以上の業者もあり、即日振込にも対応してくれます。 ネット決済なのでカード会社バレなどのリスクも軽減します。


ハピネス
評価 4.6
最高還元率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区神宮前

来店・審査一切不要。最大還元率98.8%

電話受付:9:00~22:00 メール受付:24時間対応

おひさまクレジット
評価 4.4
最高還元率 97%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

WEB申し込み:24時間365日(年中無休)、電話受付時間:9:00~20:00

和光クレジット
評価 4.2
最高還元率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で還元率優遇

24時間365日申し込み受付・電話9時~19時

ハピネス
評価 最高還元率 即日振込 所在地
4.6 98.8% 東京都渋谷区神宮前

来店・審査一切不要。最大還元率98.8%

電話受付:9:00~22:00 メール受付:24時間対応

おひさまクレジット
評価 最高還元率 即日振込 所在地
4.4 97% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

WEB申し込み:24時間365日(年中無休)、電話受付時間:9:00~20:00

和光クレジット
評価 最高還元率 即日振込 所在地
4.2 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で還元率優遇

24時間365日申し込み受付・電話9時~19時

関連の記事