カードローンの審査に通らない理由や対処法、その他の選択肢

カードローンの審査に通らない理由や対処法、その他の選択肢

カードローンを活用したい人にとって「審査」は、大きな壁とも言うべき存在です。カードローンの審査基準はどの金融機関も公開していません。だからこそ、「審査で落ちたりしないかな?」と不安になってしまいますよね。

金融機関は理由なく審査を通さないわけではありません。審査に通らない理由と対処法について考えてみましょう。

審査の緩いカードローンはどこ?審査の緩いカードローンを見抜く方法

カードローンの審査に通らない13の理由

カードローンの審査に通らない理由は、簡単に挙げるだけで13個あります。13日の金曜日に代表されるように、13は不吉な数字として知られています。カードローンの審査に通らない「不吉な理由」として、13のポイントをセルフチェックしてみてください。

過去に金融機関とトラブルを起こしている

カードローン申し込み先の金融機関と過去にトラブルを起こしている場合は、審査落ちの可能性があります。

言いがかりに近いクレームをつけた。無理難題を押しつけた。契約トラブルを起こした。こんなことがあると、金融機関側も慎重になります。またトラブルが起きるのではないかと考えるからです。

審査落ちしてすぐに申し込んでいる

カードローンの審査落ちした後にすぐ申し込みをしてしまうと、審査落ちの可能性が高くなります。審査に通らなかった場合は、半年から1年くらい期間を空けて挑戦してみてください。

同時にたくさんの会社に申し込みをした

同時に2社以上のカードローンの申し込みをしていると、審査に通らない可能性が高くなります。金融機関は「何社にも申し込まなければならないくらいお金に困っているの?」「そんなに困っているのに、返済できるの?」と不安になります。

何社に申し込めば審査に通らないのかは、会社によって異なります。審査に通る可能性を高くしたい場合は、同時期に2社以上へと申し込むことは避けた方が無難です。

申し込み内容にウソがあった

カードローンを申し込む時にウソの申告をしていると、審査に通らない原因になる可能性があります。

たとえば、年収が200万5千円だったとします。この場合、約200万円あるいは約201万円と書いても、ウソではありませんよね。

しかし、これが2千万円という記載だったらどうでしょう。あまりに盛り過ぎです。会社員なのに、医者と書くこともNGです。

このように、明らかに虚偽の内容で申し込んでしまうと審査落ちする可能性が非常に高いと言えます。きちんと本当のことを書きましょう。

在籍確認が取れなかった

在籍確認とは「申し込みの時に申告した職場に本当に在籍しているかどうかを確認すること」をいいます。

金融機関が職場に電話します。職場に申込者が在籍していれば「本人に電話を回します」「席を外しています」など、本人がいることを前提にしたリアクションがあります。本人が在籍していることを前提にしたリアクションがあれば、確認が取れたことになります。

在籍確認は必ず行われるわけではありません。ただ、行われた場合に、その職場に在籍していることが確認できないと、審査に通ることが難しくなります。申込時は在籍確認があるかもしれないということを前もって意識しておきましょう。

信用情報がブラックだった

任意整理などの金融事故を起こすと、信用情報に書かれてしまいます。カードローンなどのお金を貸すサービスの審査では、信用情報が確認されます。信用情報に金融事故の情報があると、審査に通らない可能性が高くなります。

信用情報は、金融事故から5年~10年で抹消されます。信用情報会社や金融事故の種類によって抹消までの年数が変わってきます。自分の信用情報は取得することができます。審査が心配な人は、信用情報会社から取得してみるといいでしょう。

滞納したことがある

過去にローンの滞納歴がある場合、審査に通らない可能性が高くなります。具体的にどのくらいの滞納歴があればNGなのかは、会社によって異なっています。

滞納はしない!

基本的なことですが、大切なことです。

反社会的な仕事に就いている

詐欺などの犯罪に関わっているケースや、反社会的な仕事をしていると、当然ですがカードローンの審査には通りません。金融機関はマネーロンダリングや犯罪のための資金提供に協力することができないからです。

一般の人がこの理由で審査に通らないことはほとんどありませんが、念のため。

収入が不安定である

無職で収入そのものがない人や、年金収入しかないなどの人は「収入状況が不安定である」と判断されることがあります。会社やカードローンの種類によっては、専業主婦も難色を示されることがあります。専業主婦や年金受給者でも申し込みが可能なカードローンに申し込みましょう

作家や漫画家、投資家、個人事業主なども、給与という決まった収入がありません。収入が安定しないという判断から、会社員よりも審査が厳しい傾向にあります。

カードローンの申し込み条件に合っていない

カードローンには、借り入れの条件があります。金融機関のホームページをチェックすると、それぞれのローンサービスに「安定収入がある人」などの条件が書かれています。

条件に合っていないのに申し込みをすると、審査をパスする可能性がかなり下がってしまいます。条件のチェックは忘れずに!

総量規制に引っかかってしまう

総量規制は、多重債務者をたくさん作らないために国が作ったルールです。

消費者金融などの貸金業者は、個人の年収の3分の1を超える貸し付けはできないことになっています。審査で総量規制に引っかかることがわかった場合、審査に通りません。借り過ぎていないことが重要です。

なお、銀行は総量規制の対象外になります。総量規制の対象だったら、ほとんどの人が住宅ローンを借りることができなくなってしまいますよね。

返済負担比率が高い

クレジットカードやローン、スマートフォンの割賦払いの返済比率が年収に対してアンバランスだと判断された場合は、審査に通らない可能性が高くなります。

たとえば、年収が200万円だったとします。200万円のうち190万円が返済に充てなければならない分だと、生活することが難しいはずです。このように、年収に占める返済金額が多い場合は、カードローンの審査に通ることは難しくなります。

どのくらいの比率を高いと見るかは金融機関によります。厳しい会社で30%、もう少し優しい目で見てくれる会社で40%程度と言われています。自分の収入のどれくらいを返済に使うことになるのか。使っているのか。意識しておきましょう。

すでにたくさんの枠を持っている

持っているクレジットカードやカードローンの枠が審査に影響することがあります。

クレジットカードやカードローンを使っていなくても、枠があれば「使う可能性がある(借金する可能性がある)」と判断される可能性があります。使っていないクレジットカードやカードローンがたくさんある人は要注意です。

契約しているサービスが多い場合は解約しましょう。サービスの断捨離も重要なことです。

カードローンの審査に通らない時の対処法

カードローンの申し込みをしたいということは、お金が必要だということですよね。お金を用立てることができれば、必ずカードローンでなくてもいいということではないでしょうか。

お金を用立てる方法は、他にもあります。カードローンの審査が通らない時は、他の方法でお金を用立ててはいかがでしょう?

カードローンは、短期間に申し込みを繰り返すと審査落ちの可能性が高くなるという話をしました。申し込みを繰り返すのではなく、別の方法で対処する。そうすれば、審査を不安がる必要もありません。クレジットカード現金化などの方法で対処しましょう。

安全・高買取率でクレジットカードを現金化するには?

自分でやる現金化はカード停止などのトラブルが起こりやすいですが、第三者を介在させることでカード事故が起きづらくなります。 ぜひ現金化業者を利用しましょう。

キャッシュバック率も高くて、即日振込にも対応してくれます。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.2
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

関連の記事