デビットカードは現金化できる?

デビットカードは現金化できる?

最近ではデビットカードもよく耳にするようになりました。
クレジットカードと似た使い方ができますが、デビットカードとはどんなものなのか、現金化はできるのかについて見てみましょう。

デビットカードとは

デビットカードの表には、VISAやマスターカード、JCBなどのクレジットカードのブランド名が入っています。
一見するとクレジットカードとの見分けはつきません。
しかし中身は全く異なります。

デビットカードは金融機関の預金口座と紐づけられており、お店でカードを提示して決済すると紐づけられた口座からお金が支払われるという仕組みです。
電子決済はクレジットカードのシステムを使用しています。
VISAとロゴが入ったデビットカードは、VISAの加盟店で使用することができます。

このようにデビットカードは自分の預金口座に入っているお金を使って支払いします。一方、クレジットカードはカード会社から一旦お金を借りて支払っているという状態です。そして翌月など後で返済するということになります。
そこに大きな違いがあります。

ですからデビットカードを使っても、返済は必要ありません。

クレジットカードを後払いとすると、デビットカードは即時払いです。
そしてプリペイドカードは先払いとなるでしょう。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードには他にも下記のような違いがあります。
きちんと理解したうえで利用するようにしましょう。

デビットカード クレジットカード
発行元 金融機関 カード会社
審査 なし あり
支払い方法 即時払い 後払い
支払い回数 1回払いのみ 1回、2回、分割、リボ、ボーナス払い
利用限度額 預金口座の残高内 ショッピング枠内
キャッシング   ✕   〇
海外利用   〇   〇

デビットカードの現金化はできる?

先ほどからお伝えしていますが、デビットカードは自身の口座に入っている現金で支払いします。
自分の預金口座に入っているお金を使うだけなので現金化はできません。

現金が欲しければ、キャッシュカードを使って口座から引き出すだけです。
違いが分かっていない人は、見た目が似ているため勘違いしてデビットカードを現金化しようとする人もいます。

最近では、預金口座を開設すると最初からデビットカードで発行される場合があります。
それをクレジットカードだと勘違いして現金化しようとする人もいるかもしれませんが、クレジットカードは申込みをして審査が通って発行されるものなので、間違えないよう注意してください。

クレジットカード現金化は手持ちの現金が無くて困っているときに、ショッピング枠を現金化するサービスのことです。
預金口座にお金が入っていなければデビットカードは使えませんので、注意して下さいね。

VISAデビットカードには「Debit Card」と記載があるので分かりやすいのですが、他のブランドは見分けが付きにくいです。
申し込んだ時に預金口座と紐づけしたか、返済をしたことがあるか考えてみて下さい。
どうしても分からなければ、カード会社に連絡をして確認してみるのもいいかもしれません。

デビットカードとクレジットカードどっちがいい?

使うならデビットカードとクレジットカードどちらが良いのでしょう。それぞれの特徴をまとめてみました。

デビットカードのメリット

・審査がない
クレジットカードのように審査がないので、誰でも持つことができます。

・使いすぎを防げる
クレジットカードは口座にお金がなくても支払いに使うことができるため、つい使いすぎてしまうこともありますよね。
しかしデビットカードは自分の口座から即時払いするのでお金がなければ支払うことはできません。

・ATMでお金をおろす手間がない
わざわざATMに行ってお金を下ろさなくてもデビットカードを使えば口座からそのまま支払いに使えるので、とても便利です。

・返済の必要がないから遅延や延滞もない
クレジットカードのように一旦カード会社に立て替えてもらうわけではなく、自分の口座から即時払いのため、返済の必要がありません。

・クレジットカードに抵抗のある方でも使いやすい
クレジットカードのように後払いが好きではない方もいると思います。デビットカードなら口座から即時払いなので、あとで返済がないから安心です。
都度口座から引かれるのでお金の管理もしやすいでしょう。

デビットカードのデメリット

・口座にお金がなければ使えない
当たり前ですが、即時払いのデビットカードは口座に入金されていなければ使うことはできません。

・使えない店舗がある
クレジットカードは比較的多くの店舗で利用できますが、デビットカードはクレジットカードに比べて利用できない店舗が多いです。

・分割やリボなどは使えない
デビットカードは即時1回払いです。高額の商品を購入する際も分割はできません。

・ポイント付与率が低い
デビットカードにも利用するとポイントが付与されるシステムがありますが、クレジットカードほどの還元はありません。

クレジットカードのメリット

・手持ちの現金がなくても支払いができる
お財布に現金がなくても支払いができます。
クレジットカードを使うと一旦カード会社が立て替えてお店に払ってくれます。翌月などあとでカード会社に返済することになります。

・分割やリボが使える
たまに高額な商品を購入することもありますよね。一括払いがキツいという場合もあります。その場合、分割やリボで生活に負担なく返済することができます。

・ポイント還元
現金で支払うより、クレジットカードを使って支払えばポイントがもらえます。ポイントは支払いに使うこともできますし、お得に使うことができます。
光熱費や食費などクレジットカードを使えばあっという間にポイントも貯まります。コンビニ払いや引き落としより断然お得!!

・給与前など現金がないときは助かる
給料日前はお金がないっていう方多いですよね。そんな時クレジットカードを使えば給料日まで持ちこたえられます。

・サービスや特典が受けられる
カードごとに様々なサービスや特典が受けられます。

クレジットカードのデメリット

・つい使いすぎてしまう
後払いなので、つい使いすぎてしまいます。
現金がなくても支払いができてしまうため、クレジットカードで払っちゃえばいいやとどんどん使っていると、請求書が届いたときにビックリです。
計画的に使うことが大切です。

・リボ払いは注意!
毎月支払い額が一定なので非常に楽な支払い方法なのですが、こちらもリボだから・・とつい使いすぎてしまい、気付いたときには高額な返済残高に驚くことになります。なるべくリボは使わず一括や分割で支払いしましょう。

・信用情報機関に登録される
クレジットカードを持つと信用情報機関に登録されます。信用情報機関とは、カード会社とカード利用者の信用取引を支える機関です。
利用状況や返済状況など全て信用情報機関に登録されます。クレジットカードを使ったあとはきちんとルールを守り支払いしていれば大丈夫です。
遅延や滞納などすれば、その情報もすぐに登録されてしまいます。きちんと支払いできなければ、クレジットカードは利用停止になってしまうかもしれません。

結局どっち?

後払いでショッピングができないデビットカードは、使い勝手が悪いような気もします。
しかしクレジットカードと違って、自分の持ち金以上に使ってしまわないという安心感があります。
使い過ぎてしまう傾向にある人は、デビットカードのほうが向いています。

海外旅行や引越しのときなど、まとまった出費のときにはやはりクレジットカードが便利です。
いざとなった時には、現金化することもできます。
デビットカードしか持っていないという人も、必要性を感じていればよく検討した上でクレジットカードへ移行することを考えましょう。

ネット完結で即日振込もしてもらえる現金化業者は?

仕事中などで来店できない、夜間だけどすぐにお金が必要など、 営業時間外でも来店不要で即日銀行口座へ振込してくれるネット専門の現金化業者もあります。

店舗型業者と比べても、キャッシュバック率もよく振込金額も多くて、入金も20〜30分と早いので、僕はいつもこちらを使っています。 僕のおすすめの業者を紹介しますので、こちらもご参照ください。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.2
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

関連の記事