現金化の申込みにクレジットカードのコピーは必要?

現金化の申込みにクレジットカードのコピーは必要?

ネットで「現金化」と検索してみると、様々なカード現金化の業者がいるのが分かります。
基本的なサービスは変わりませんが、業者ごとに手続き方法や現金化方法は違います。
そのサービスの申込時にクレジットカードのコピーの提出を求められることがあるようです。

カード現金化に必要なもの

カード現金化を申込む時に必要なものは、自分名義のクレジットカード、振込先口座番号、身分証です。この3点は現金化する時に必要ですから準備しておきましょう。

業者に提出しなければならないものは、基本的には身分証の写しだけです。一般的に写メールで送ることができるのでとても簡単です。それ以外のものの提出を求めてくる業者は要注意です。悪徳業者かもしれません。

理由をつけてクレジットカード現金化に必要のないものまで提出させ、個人情報を詐取しようとする悪徳業者も存在します。現金化業者を利用する際には、現金化についてよく調べてから申し込むようにしましょう。

審査はないものの、不正利用などがないよう本人確認はしっかりと行われます。

クレジットカード現金化サービスについて

クレジットカード現金化はお金に困った時とても便利なサービスです。
しかし、名前や住所、生年月日、クレジットカード、預金口座(振込み口座)とこのような重大な情報を使います。もし、漏洩してしまえば、不正利用されてしまうかもしれません。

知らない請求が来て、最悪の事態になってしまうかもしれません。被害に遭わないために、慎重に行動しましょう。

クレジットカード現金化は、現金化業者に依頼すれば簡単に現金が受け取れます。審査はなく、web完結できるから日本全国どこからでも利用することができます。

申込みは24時間受け付けていることが多く、土日祝日でも振り込み対応してくれるところも多いので非常に助かるサービスです。申込み後、申し込み内容の確認と本人確認をするため業者から電話がきます。

その後、業者の指示に従いクレジット決済すれば、換金率によって自分の口座に現金が振込みされます。初めての場合、少し時間はかかりますが、即日現金化可能ですから、急にお金が必要になった場合にとても便利です。

最短10分で振込みしてくれる業者もあります。

クレジットカードのコピーは提出しないで!

クレジットカード現金化だから、クレジットカードの提出を求められても不思議に思わず渡してしまう方もいるかもしれません。けれど、クレジットカードのコピーを取って現金化業者に渡してしまうことは、決してしてはいけません。

なぜなら、不正利用されてしまう可能性が高いからです。
クレジットカードの表にはカード番号と有効期限、名前が記載されていて、裏にはセキュリティコードが記載されています。
それらの情報が揃ってしまうと、カード実物が無くてもネットで簡単に決済ができてしまいます。

オンラインショッピングではカードそのものを機械に通すわけではなく、クレジットの情報を入力します。
そのために必要なのがカード番号、有効期限、セキュリティコード、名前なんですね。
もしクレジットカードの表裏のコピーを取って提出してしまうと、自分が知らないところで勝手に使われてしまいます。
現金化サービスのときだけではなく、知人にも絶対に見せてはいけません。

もちろんカード現金化の業者でもちゃんとしたところはあります。
しかし残念ながらクレジットカードのコピーを要求してくる悪徳業者も非常に多いです。
慌てて言われるがままにコピーを取ってしまわないようにしましょう。

しかし、優良業者でもコピーの提出を求めてくるところもあるようです。それは、不正にカードを利用していないか確認するためです。現金化業者もあとあとトラブルになるのを避けるため、身分証とクレジットカードの名義が同じであるかを確認します。

このようにクレジットカード現金化に使う情報は不正利用されれば大きなトラブルに繋がるものばかりです。非常に大切な個人情報を扱うので必ず信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

クレジットカードを利用する際の注意点

クレジットカードは社会人になったら1枚は持っておきたい必須アイテムです。
しかし、このクレジットカードは使い方を間違えると思わぬ災難を招くこともあります。

ネットでの利用に注意!!

ネットショッピングはクレジットカードによる支払いが可能です。ネットショッピングなどネットでクレジットカードを使う際にも気を付けなければなりません。

まず、利用するサイトが暗号化されているか確認しましょう。SSLと呼ばれるものです。SSL化されていないサイトでクレジットカードを使うのは危険です。情報が漏洩してしまいます。どこを見て判断するのかというとURLの最初が「https」で始まるのもは暗号化されているサイトです。「http」とsが付いていないサイトは暗号化されていません。

現金化業者を使う際にも、このSSL化がされているかどうか確認したほうが良いでしょう。

パソコン自体もセキュリティ対策をしっかりと行い万全の体制を取りましょう。

クレジットカード裏面にサインを!!

クレジットカードに申し込みし、審査が通ればカード会社からクレジットカードが送られてきます。
クレジットカードが届いたら、まずカードに記載されている名前のローマ字に誤まりがないか確認しましょう。次に裏面の署名に必ず名前を書きましょう。

署名のないカードは利用できません。ショッピングなどをした際にカード決済するとお店側から署名を求められます。カード裏面の署名と照合し、本人であることを確認しています。

ローマ字は複写されやすく紛失や盗難に遭った場合、不正利用される危険性が高くなります。無署名の場合も不正に利用される危険性があります。日本人であれば漢字で名前を書いたほうが良いでしょう。漢字は画数が多く、真似しづらいものです。外国人には到底真似できないでしょうから。

また、カード会社により規約は異なりますが、紛失や盗難時に不正利用されてしまった場合、補償されることが多いです。しかし、署名のないカードに対してはこの補償の対象外となる場合がありますから、必ず署名を記入しておきましょう。

クレジットカードの暗証番号

クレジットカードを作成する時に、暗証番号を設定します。この暗証番号はとても大切な番号ですから、誕生日や電話番号など他人に予測されやすいものは避けましょう。

また絶対に人に教えないようにしましょう。紙に書いて残しておくのも危険です。

セキュリティコードなどを知られてしまったら

クレジットカードの中でセキュリティコードは、とても重要なものです。クレジットカードの裏面の署名のすぐ上にある3ケタの番号です。

暗証番号とは違いカード会社から番号を自動的に割り振られています。
セキュリティコードは明細書にも記載されず、カードの裏面にしか記載されていません。
サインが必要にならないオンラインショッピングではこのセキュリティコードが所有者であることを判別する鍵になっています。ネットでクレジットカードを使う際に、このセキュリティーコードを入力することで安全にショッピングを楽しむことができます。

もし、カード番号とセキュリティコードの2つを第三者に知られてしまったら、カード会社へ連絡して再発行の手続きを取った方が無難です。
それが例え知人であっても、再発行しておいたほうが疑わずに済むでしょう。
再発行の手数料はかかりますが、不正利用のリスクを考えれば安いものでしょう。

人気のクレジットカード現金化業者ランキング


スピードクレジット
評価:4.6
最高還元率:98%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
おひさまクレジット
評価:4.4
最高還元率:97%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
和光クレジット
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
スピードクレジット おひさまクレジット 和光クレジット
評価:4.6
最高還元率:98%
評価:4.4
最高還元率:97%
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み お申し込み お申し込み

関連記事

  1. スピードクレジット
  2. おひさまクレジット
  3. 換金館
  4. キャッシュライン
  5. 換金クレジット
  6. あんしんクレジット
  7. 安心くん
  8. 24キャッシュ
  9. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  10. スマイルギフト