コイニーは現金化に使える?方法・手順・メリットとデメリットを解説

コイニーは現金化に使える?方法・手順・メリットとデメリットを解説

コイニーは事業者向けの電子決済サービスです。小さな端末を使って柔軟な決済ができるお役立ちサービスとして広がりを見せています。

そんなコイニーで現金化は可能なのでしょうか。可能だとすれば、どのような方法で現金化すればいいのでしょうか。コイニーの運営の現金化に対するスタンスなども気になるところです。

コイニーの現金化の知識を分かりやすく解説します。

コイニーで現金化できる?コイニー運営のスタンスとは

店舗に柔軟な決済方法を導入したい。マルチな決済方法を導入したいが、導入ハードルの高いサービスは困る。このような事業者や店舗経営者にコイニーは人気があります。コイニーを導入することでクレジットカードや電子マネーの決済、オンライン決済などが可能になるのです。

中国版のLINEとも言われるWeChatのWeChat Payにも決済対応しているため、海外人旅行客向けの決済方法を導入したいというお店や事業者にも人気があります。東京オリンピックや消費税増税を目前にキャッシュレス決済に向けて動いている日本の決済事情に役立つサービスがコイニーなのです。

コイニーは基本的にキャッシュレス決済のための事業者向けサービスですが、サービスの内容を見て考えてみると「これは、現金化に使えるのではないか」と思ってしまいますよね。実際にところ、どうなのでしょう。

答えをズバリ言ってしまうと、コイニーでの現金化は可能です。

コイニーで現金化は可能だがコイニー運営は禁止している

コイニーで現金化は可能ですが、コイニーの運営はコイニーによる現金化を禁止しています。

コイニーはお客さんに使ってもらうサービスなので、取引による決済は本来の用途に則っているのでOKです。

また、お客さんにトラブルなく使ってもらうために、商店主や事業主がテストとして自分のクレジットカードで決済してみることも、一定条件(当日中に取り消し処理や返品処理をする等)のもとで許されています。商店主や事業主としてみては、「本当にサービスが運用できるか」という不安があるからです。

コイニーの運営は現金化のために利用は禁止しています。これがコイニー運営のスタンスです。現金化があった場合は、コイニーのアカウント停止などの処置を取られる可能性があります。

ただし、コイニーによる現金化は可能であり、現金化を目的とした利用もシステム的に制限されていません。現金化を目的としてクレジットカードをリーダーに通しても、リーダーは現金化が目的かどうか判断することができないため、通常の取引のように通してしまいます。

現金化目的の利用は禁止ですが、制限がかけられているわけではないため、現金化自体は可能であるという理屈です。

コイニーによる現金化の方法と手順とは

コイニーを使って現金化するためには、コイニーを導入するところからスタートです。

コイニーは店舗経営者や事業者向けのサービスなので、導入の基本的な条件は「事業を営んでいる」「店舗を経営している」など。そのため、個人が気軽に利用できるサービスではないという点に注意が必要です。

コイニーさえ導入していれば、後はカンタンです。

コイニーで決済する

これだけでコイニーによる現金化は終了です。現金化の手順自体は本当に簡単で、手順も覚えやすいことでしょう。

コイニーによる現金化のメリット

コイニーによる現金化には、2つのメリットがあります。

 

換金率が高い

コイニーの現金化は換金率が高いというメリットがあります。

コイニーはもともと決済サービスなので、その決済サービスを自分で使うことにより、お得に現金化が可能です。換金率は約97%になっているので、金券ショップなどで現金化するよりも高い換金率で現金化が可能です。

金券ショップなどで現金化する場合の換金率は85%~94%ほどだと言われます。換金率だけ見れば、コイニーに軍配が上がることは言うまでもありません。

 

現金化の手順が簡単である

コイニーで決済するだけなので、現金化の手順は非常にカンタンです。コイニーを導入していれば、好きなときに好きなだけ現金化できるというメリットもあります。

コイニーによる現金化のデメリット

コイニーによる現金化のデメリットは3つあります。

 

コイニーとクレジットカードのアカウント停止のリスクがある

コイニーの運営はコイニーを通した現金化を禁止しており、利用停止などの措置が取られる可能性があります。クレジットカード現金化はクレジットカード会社の方でクレジットカードの利用停止措置も取られる可能性も。

コイニーによる現金化はリスクが高いと言えます。

 

コイニーの現金化は時間がかかる

コイニーの現金化は即日とはいきません。コイニーの締めは月6回あり、最短でも10日以上の時間が必要になります。現金化をして即日現金を引き出すということはできないのです。

 

コイニーの導入が大変である

コイニーの最大のデメリットが、導入が大変であるという点です。コイニーは導入の際に審査があります。個人事業主でもなく、店などを運営しているわけでもない個人は申し込みの対象外です。導入まで手続きや時間が必要ですし、導入が決まったらセットアップなどの手間があります。

現金化できるようになるまで、一通りの導入の流れが必要だという点で、大変です。

コイニーの現金化はデメリットや運営のスタンスをよく考えて

コイニーの現金化は運営が禁止しているほか、デメリットも多い方法です。確かに換金率は高いのですが、せっかく導入したコイニーの利用停止を食らっては、事業やお店に大きなマイナスではないでしょうか。

コイニーを通した現金化自体は可能です。ただし、可能だといっても、望ましい方法かどうかは別の話。よく考え、冷静に判断しましょう。

安全・高買取率でクレジットカードを現金化するには?

自分でやる現金化はカード停止などのトラブルが起こりやすいですが、第三者を介在させることでカード事故が起きづらくなります。 ぜひ現金化業者を利用しましょう。

キャッシュバック率も高くて、即日振込にも対応してくれます。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

アースサポート
評価 4.4
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都港区芝浦4丁目

即日振り込み可能で最短30分、夜間・土日祝日も振り込み可

7:30〜22:00(年中無休)

あんしんクレジット
評価 4.3
最高買取率 98.8%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

アースサポート
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 98.8% 東京都港区芝浦4丁目

即日振り込み可能で最短30分、夜間・土日祝日も振り込み可

7:30〜22:00(年中無休)

あんしんクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.3 98.8% 東京都渋谷区

24時間、法人カード

年中無休 9:00〜20:00

関連の記事