ビール券でクレジットカード現金化はできる?

ビール券でクレジットカード現金化はできる?

様々な種類のあるギフト券ですが、ビール券というものもあります。
名前を聞いた事があっても、実物を見たことが無いという人もいるかもしれませんね。

贈り物の定番といえばギフト券ですが、せっかくもらっても使い道がなく、結局金券ショップに売ってしまうという人も多いでしょう。
ギフト券は金券ショップでも高価買取をしてくれるので、カード現金化に活用したいところです。

しかし金券はクレジットカードで購入できないものも多く、せっかく買取額が高くてもなかなかカード現金化に利用しづらい点もあります。
カード現金化の手段としてビール券を活用する方法はまり一般的ではないのですが、利用者が少ないからこそどうにか活用方法があるのではないかとも考えられます。

そこで、ビール券の換金方法やクレジットカードでの購入方法について調べてみました。

ビール券とは

ビール券は、全国酒販協同組合連合会が発行しているギフト券です。
その名の通り、ビールを購入する時に使えます。
以前は大手ビールメーカーが参入していたことがあるのですが、今はビール券発行から撤退しています。

現在のビール券には2種類あります。
・ビン633ml2本・・・633ml入りの大瓶2本と引き換えられる
・缶350ml2缶・・・350ml缶ビール2本と引き換えられる

お米券と同様に販売価格と実際に利用する時の額面に差があります。
大瓶2本の券の場合だと、850円で販売されるのに実際使用する時には784円分の額面のギフト券として使用されます。

缶ビール2本の券だと販売価格は539円ですが、実際に利用される時には494円分の買い物しかできません。
新品のギフト券を購入しても、すでに手数料としていくらか差し引かれている事になります。

デパートの商品券などは送料がかかる場合を除いて、1000円のギフト券は1000円の販売価格です。
ここがビール券とデパート商品券の違いでもあります。

酒を販売している店やメーカーによってもビールの販売価格は異りますから、実際には「缶ビール2本」といった計算ではなく、1枚当たり494円といったような計算になります。
また、ビール以外の商品にも使用は可能です。

しかし全酒協傘下の酒屋で取り扱っている商品なら大抵のものに使用できるものの、その他の店ではビール以外のどの商品に使えるかどうか曖昧です。
中にはビールの支払いのみにしか使えない所もあるようです。

2005年以降に発行されたビール券には有効期限があるので、期限切れには要注意です。
とはいえ約5年と長めに設定されているので、すぐに切れる心配はありません。
お釣りも出る所と出ない所があるようです。

ビール券が買える所、使える所

ビール券が使える所は意外と多いです。
大手コンビニは使えますし、スーパー、量販店もOKです。

もちろん酒屋さんでも利用可能です。
変わったところでは、ホテルチェーンの東横インでは宿泊費の支払いに利用可能です。
有効期限が1ヶ月以上あるものに限りますが、ビール購入以外に使えるのはいいですね。

ではビール券の購入場所ですが、「全国酒販協同組合連合会(全酒協)」のお店であれば恐らく購入できると思われます。
在庫などの兼ね合いもあるので、事前に確認した方が無難です。

また、金券ショップ、ネットオークション、フリマアプリなどを利用する方法もあります。
「ビール券」で検索すれば、出品情報もすぐに確認できるでしょう。

中古で売っているものは新品の販売価格よりも下がるのに、ビール券として利用する時の価値は変わりません。
新品にこだわりがなければ、ぜひ中古のビール券を探してみましょう。

・ネット購入も可能

実はビール券はネット購入も可能です。
利用者の多いAmazonでもビール券を販売しています。
これならすぐに在庫も確認できますし、実店舗のように無駄足を踏む事なくいつでも購入が可能です。

しかし、ネット購入には注意して欲しい点があります。
それは通常の販売価格より割高という点です。
さらに送料もかかる為、少しでも安く買いたいという人には向かないでしょう。

ビール券をクレジットカード購入はできないのか

さて、一番重要なのが、ビール券のクレジットカード購入です。
ビール券は金券類なので、基本的にはクレジットカード購入できないと考えましょう。

しかし中には例外的に特定の場所で購入する時だけカード決済可能な金券もあります。
ビール券の場合はどうなんでしょうか。
調べてみると、百貨店だとクレジットカードで購入できる所があります。

例えば高島屋であればビール券の支払方法として、商品券、ギフトカード、お買い物券、商品お取替券、クレジットカード(1回払いのみ)が利用できるとあります。

ビール券の買取価格相場

ビール券を売る所の定番なら、やはり金券ショップです。
金券ショップでの買取相場は、大瓶2本(724円分)が700円ぐらい、缶2本(494円分)が475円ぐらいとなっています。
パーセンテージとしては95%も超える為、なかなかの高価格です。

もちろん、店や地域によっても変動がありますが、流行り廃りはありませんので、売るタイミングはいつでもいいでしょう。
しかし金券といえども有効期限がたっぷりと残っているもので、券に汚れや破れがないものじゃないと、買い取ってもらう事は難しくなります

かつてのビールメーカーのビール券は?

2009年のサッポロ撤退を最後に、現在はビールメーカーはビール券の発行に関わっていません。
しかし、以前のビール券が家に残っているというケースもあるでしょう。

昔のビール券は有効期限が設定されていない為、今でも金券として使用も可能です。
金券ショップでもビールメーカー発行のビール券を買取している所もありますが、やはりやや買取額は減るようです。

オークションでビール券を売る

ビール券は金券ショップだけではなく、オークションでも売る事ができます。
オークションでは開始価格を決めるのですが、入札がいくつもあるとその開始価格より跳ね上がっていきます。
上手くいけば金券ショップよりお得に売れるのが期待できます。

しかしオークションでは手数料や送料の問題もありますし、時間がかかるというデメリットがあります。
必ずしも落札者が現れるとも限りませんし、確実に現金化したい場合はやはり金券ショップが無難でしょう。

ビール券の注意点

ビール券は一部の店でクレジットカードでも購入できますし、金券ショップではかなり高価買取をしてくれる優れものと思うかもしれません。
でも注意して欲しい点はいくつもあります。

まず、そもそも販売価格と利用できる額面に差がある点です。
大瓶2本の券で見てみましょう。

大瓶2本券は784円で販売されていますが、ビール券として使う時には724円の価値しかなく、60円の差額があります。
それから金券ショップで700円というかなり高還元率で買い取ってもらったとしても、さらに24円の差額がでて合計84円の損失が出ます。

10枚買って金券ショップで売った場合は840円、100枚は8400円もの損失が出る事になります。
その後クレジットカード会社に返済する時に一括払いができれば金利手数料も発生しませんが、リボ払いに変更してしまったらさらにリボの金利がプラスされてしまいます。
通販で購入すれば送料もかかるでしょうし、より費用がかさんでしまいます。

そして何よりも、ビール券をまとめてクレジットカード購入をしてしまうと、カード会社に現金化を疑われてしまうリスクが高くなるという点です。
もし現金化がばれたら利用停止どころではなく、強制退会させられてしまうかもしれません。

以上の事から、ビール券でカード現金化は可能ではあるものの、あまり割のいい方法とは言えません。
そもそもビール券は自分用に買うものではなく、贈答用として買うものです。

ビール券は買った人が得するようにはできていないのです。
損失が大きくてもいいからどうしても自分でカード現金化をしたいという時や、もらったビール券をお金にしたいという時に売る事を考えるといいでしょう。


おひさまクレジット
評価 4.6
最高買取率 98%
即日振込
所在地 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 4.4
最高買取率 94%
即日振込
所在地 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 4.2
最高買取率 97.8%
即日振込
所在地 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

おひさまクレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.6 98% 東京都品川区北品川1丁目

分割・リボ利用可能。夜間、土日祝時の振り込みも対応可能。

9:00~19:00

和光クレジット
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.4 94% 東京都渋谷区

15万円以上の利用で買取率優遇

平日9:00〜18:00 / 土日祝日10:00〜17:00

現金化のLife(ライフ)
評価 最高買取率 即日振込 所在地
4.2 97.8% 東京都港区青山

最短5分の即日振込可能。カード停止事故0の実績あり。

年中無休 9:00~21:00

関連の記事