クレジットカード現金化の手数料はどのくらい?

クレジットカード現金化の手数料はどのくらい?

クレジットカード現金化業者もビジネスなので、手数料が発生します。
いったいいくらの手数料がかかるのか、詳しくみてみましょう。

還元率と手数料

還元率とは、実際にクレジットカードで購入した商品代金と現金化される金額の割合のことを差します。
例えば還元率90%のときに1万円の現金化を利用したら、9,000円の現金が入ってくるということになります。

実際にクレジットカードで購入した金額と受け取った金額の差は1,000円です。
これが現金化業者の手数料となります。
現金化業者も人件費、光熱費など様々な経費がかかりますが、それら全てが手数料に含まれています。

高過ぎる還元率はおかしい?

実はクレジット決済を利用する業者側も、カード会社へ手数料を支払っています。
そのカード会社へ支払う手数料は低くて1%で、多くは5%ぐらいです。
業者の利益を考えると95%以上の還元率はおかしいということになります。

ただし、買取式の現金化の場合は、別の場所でクレジットカード決済で品物を買ってきてもらうこともあるので、カード会社へ支払う手数料もあまり関係かりません。
ブランドバッグなどはまれに定価より高く売れることもあるので、高い還元率になることもあります。

消費税はかかる?

商品を購入すると、8%の消費税がかかります。
1万円の商品を購入すると800円の消費税がかかる計算ですね。
しかし実際には総額表示が義務付けられているので、その場合は10,800円と表示されています。
総額1万円の商品であれば、740円の消費税がかかっていることになります。

問題は還元率はどの額で計算されるという点です。
もし商品価格に対してのみの還元率であれば、消費税を差し引いた9,260円で計算されるということになります。
9,260円の90%であれば8,334円、1万円の90%は9,000円です。
差額が666円でてしまいます。
利用する額面が大きければ大きいほど、還元される金額の差は大きくなってしまいます。
いったいどの金額に対しての還元率なのかをちゃんと確認しましょう。

業者によって異なる手数料の内訳

還元率によって生まれる差額が全ての手数料とする場合もあるのですが、業者によってはそれとは別に手数料が追加されることがあります。
1万円を90%の還元率で利用したら、まずは差額の1,000円が業者利益となります。
さらに振込手数料が420円、商品の送料500円、消費税…
他にもよく分からない手数料が追加されることもあります。

そうやって手数料が追加されてしまうと、最終的には50%を切る低い還元率になってしまうことがあります。
実はクレジットカード現金化のトラブルで最も多いのが、手数料の高さです。
業者の利益と別に手数料が徴収されてしまうと、せっかくの高還元率でも意味がなくなってしまいます。

最終的な還元率を調べること

上手にクレジットカード現金化を利用するなら、必ず最終的にいくら受け取れるのかを調べましょう。
還元率が高いところほど別に手数料を徴収されることが多いものです。
手数料にはどんなものがかかるのか、いくらなのかを確認しましょう。
少額の現金化であれば、高い手数料を払うより自分でやった方がいいかもしれません。


GOLD RUSH(ゴールドラ
評価:4.4
最高還元率:98.8%
お申し込み
安心くん
評価:4.2
最高還元率:98%
お申し込み
スマイルギフト
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み
GOLD RUSH(ゴールドラ 安心くん スマイルギフト
評価:4.4
最高還元率:98.8%
評価:4.2
最高還元率:98%
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み お申し込み お申し込み

「現金化業者」をチェックする>>

関連記事

  1. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  2. 安心くん
  3. 換金クレジット
  4. ひまわりギフト
  5. あんしんクレジット
  6. 大吉屋
  7. パートナーギフト
  8. サンライフギフト
  9. 親和ギフト