債務整理してもクレジットカード現金化は利用可能?

債務整理してもクレジットカード現金化は利用可能?

借金返済が苦しくなっても、債務整理をして金利をカットし返済金額を減らす事ができます。
しかし債務整理をすれば今後の借入審査に響き、いざまとまった現金が必要になってもうまく借金ができません。
現金が必要なときに便利なのがクレジットカード現金化ですが、債務整理中でも利用できるのでしょうか。

クレジットカードを残して債務整理もOK!

借金整理をするなら全ての借金が対象を思われがちですが、債務整理といっても色々あります。
任意整理だと借金をすべて整理する必要はなく、金利の高い消費者金融のキャッシングのみ整理することもできます。
ですから今後そのまま利用し続けたいカードローンやクレジットカードを残しておくことも可能です。

債務整理後はクレジットカードの現金化はできる?

もしショッピング機能が利用可能なクレジットカードが残っていれば、債務整理後でも現金化利用は可能です。
現金化業者は特に借入審査は行わないので、債務整理の情報が信用情報に残っていたとしても関係ありません。
もちろん自分で現金化もできるでしょう。

ただし、クレジットカード会社は途上与信を行う事があります。
途上与信とは申込時の借入審査ではなく、契約途中に行う審査の事です。
もし途上与信をされたらもちろん債務整理の事実はカード会社に知られてしまいます。

その結果、ショッピングやキャッシングの機能が使えなくなる可能性は十分にあります。
返済さえちゃんと遅れずにし続けておけば利用停止されないカード会社もありますが、どのような判断が下されるかは途上与信されてみないと分かりません。

もし途上与信の結果カード利用停止になってしまったら、後は返済のみし続けることとなります。
ショッピングもキャッ市具もできず、返済しかできないクレジットカードは意味がありません。
こうなるぐらいだったら、いっそのことまとめて債務整理した方がよかったでしょう。

カード現金化が原因で債務整理ができない?

任意整理は裁判所を通さない債務整理なので、債権者と債務者が直接交渉して借金を減額していきます。
しかし個人再生など裁判所を介して手続きをする債務整理の場合、借金の原因が何であったかを説明しなくてはなりません。
その為、カード現金化を繰り返した事で借金が膨れ上がったということが知られると、かなり心証は悪くなります。

特に自己破産の場合、免責不許可事由というものがあるので要注意です。
この免責不許可事由に該当すると自己破産が認められない事があります。
例えば借金の理由がギャンブルや浪費の場合、免責不許可事由に当たります。

クレジットカード現金化も免責不許可事由に当てはまる恐れがあるので、自己破産に支障をきたすかもしれません。
もちろん、クレジットカード現金化の事実を裁判所に申告しなければばれないかもしれませんが、自己破産ができなくなるかもしれないという事は知っておいた方がいいでしょう。

債務整理後のクレジットカード作成はできる?

債務整理をするとどうしても不利な情報として信用情報機関に登録されるので、一切の借金が難しくなります。
この不利な情報は金融事故やブラックリストと呼ぶこともあります。
しかしその情報は永遠に保管される訳ではありません。

およそ5年も経つと債務整理の情報は削除され、まっさらな状態になります。
この状態であれば借金の申込も可能です。
ちなみに自分の現在の情報がどのようになっているのかは、各信用情報機関に照会を求めれば開示してくれます。

しかしクレジットカードの審査は厳しく、例え債務整理の情報が消えたからといって審査通過できるとは限りません。
収入が少なく安定していなければもちろん審査には通りません。
逆にまっさらな状態を見て、債務整理を怪しむ金融機関もあるようです。

過去に金融事故を起こした顧客の情報は金融機関が独自に保管している可能性もある為、債務整理をしたカード会社は何年経っても申し込めないと考えていた方がいいでしょう。

クレジットカードがないのは結構不便!

債務整理をすれば借金が減り、返済地獄から脱出できます。
地道に生活していけば、借金のお世話にならなくてもなんとかやり繰りできるかもしれません。
しかしキャッシングが利用できない事よりも、クレジットカードが持てない事は結構不便な場面が出てきます。

まず、インターネットが関わるサービスの決済方法は、クレジットカードのみとしているサイトも多いからです。
ネットは顔が見えない世界なので、年齢確認が難しいです。
クレジットカードは18歳以上じゃないと持てないので、クレジットカード決済のみと限定することで年齢確認を兼ねているサイトも多いのです。

また、旅行先でのショッピングや支払いでもクレジットカードが無ければ困るシーンは多々あります。
旅先ではやはり通常よりお金がかかってしまうものですが、大金は持ち歩きたくありません。
しかしクレジットカードがなければ、やはり現金を持ち歩かないといけないのです。

国内旅行はそれほど不便ではないでしょうが、海外では治安も不安ですし、クレジットカード決済が普及しているので、現金のみの行動はとても困るのです。
クレジットカードも無駄遣いの元だから絶対に持たない方がいいと、一概には言えないのです。

家族カードを作ってもらおう

債務整理をするのが主婦であれば、ご主人のクレジットカードを元にして家族カードを作ってもらうといいでしょう。
それなら債務整理によって自分名義のクレジットカードが使えなくなっても安心です。

実は家族カードでもカード現金化は可能なので、いざとなったときに現金調達ができます。
ただし、家族カードで利用した分は親カードを持っている人の元へ請求が行きます。

利用明細を見られてしまうことで、カード現金化がばれてしまうかもしれません。
絶対にばれたくない人は家族カードでの現金化は控えるべきですし、リスクを承知の上で利用するようにしましょう。

債務整理しないようにカード現金化

カード現金化は急に現金が必要になったときには便利ですが、やはり頻繁に利用すると手数料がかさみ、借金が膨れ上がる原因になります。
債務整理をしてしまうと、急にまとまったお金が必要になったときにお金が借りられず困ります。
クレジットカードは一度失くしてしまうと不便なので、何とか残したままピンチを乗り切りたいものです。

このような事態にならない為にも、クレジットカード現金化は必要最小限の額のみ利用するようにしましょう。
そして何度も頻繁に利用するのは避けた方がいいです。

また、リボ払いは借金の残額が分かりにくいですし、なかなか減りません。
どうしてもカード現金化を利用しないといけないときには、できるだけ一括払いや回数の少ない分割払いを選ぶのが理想です。
クレジットカードも現金化もうまく付き合い続けるには、ほどほどの利用がいいのです。


GOLD RUSH(ゴールドラ
評価:4.2
最高還元率:98.8%
お申し込み
安心くん
評価:4.0
最高還元率:98%
お申し込み
換金クレジット
評価:3.9
最高還元率:96%
お申し込み
GOLD RUSH(ゴールドラ 安心くん 換金クレジット
評価:4.2
最高還元率:98.8%
評価:4.0
最高還元率:98%
評価:3.9
最高還元率:96%
お申し込み お申し込み お申し込み

「現金化業者」をチェックする>>

関連記事

  1. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  2. 安心くん
  3. あんしんクレジット
  4. 大吉屋
  5. サンライフギフト
  6. パートナーギフト
  7. 親和ギフト