会社名義・法人カードの現金化は可能?

会社名義・法人カードの現金化は可能?

クレジットカードには個人名義以外にも会社名義のカードがあります。
会社名義・法人カードの現金化はできるのでしょうか?

会社名義・法人カードでも現金化はできる!

クレジットカード現金化は、ショッピング枠に余裕があって有効期限内のカードさえあれば可能です。
個人名義だけではなく、もちろん会社名義・法人カードでも可能なのです。

法人カードって何?

法人カードとは会社や個人事業主向けに発行されているクレジットカードのことです。
経費で落とせるものをカード払いすることで、経理上の管理が楽になるメリットがあります。

経営者だけではなく社員に持たせることもできるので、経費の立て替えなどが減ります。
例えば接待費、出張先での諸費用、消耗品の購入などに使えますね。
個人事業主も法人カードを持っていると非常に便利なのですが、経営面の審査が非常に厳しいです。
使い方は個人カードと全く変わらないのですが、法人カードだとポイントが貯まらないものもあります。

法人カードを現金化するメリット

経費はすべて法人カードで支払えばいいのですが、どうしても現金が必要になる場面があります。
報酬の振込、取引先への支払いなどがありますね。
そんな時に法人カードの現金化サービスを利用すれば、資金繰りに役立てることができます。

しかも法人カードは個人カードよりも還元率が高いというメリットがあります。
法人カードは個人向けよりもショッピング枠が大きめに設定されており、現金化も大きな金額で利用が可能です。
そのため現金化業者でも優遇していることが多いです。

例えばある現金化業者の場合ですが、個人プランで10万円利用した場合が85%なのに対し、法人プランだと90%になります。
10万円の85%は85,000円、90%だと90,000円ですから5,000円の差があります。

また、業者を通さず新幹線の回数券などを購入して現金化する方法もあるのですが、そのような使い方はカード会社にすぐ睨まれやすいです。
それよりはキャッシュバック式の現金化を利用した方が安心です。

商工ローンとの比較

中小企業なら資金繰りに困ったときには、商工ローンという手段もあります。
商工ローンはノンバンク(消費者金融など)が中小企業向けに融資するもので、担保・連帯保証人が必要という特徴があります。
金利も高く、取立てが厳しいことであまりいいイメージがありませんよね。

その点クレジットカードの現金化は新たに借金の申込をするわけではないので、連帯保証人も担保も必要ありません。
連帯保証人を付けるのは非常に気を使うことなので、商工ローンより法人カードの現金化を利用する方が気楽でしょう。

消費者金融のキャッシングとの比較

現金が必要なら消費者金融のキャッシングも便利です。
申込から30分ほどで現金を受け取れるので、急いでいる人にピッタリですね。
しかし、個人事業主の人が消費者金融でキャッシングの申込をしようとすると、会社員より審査が厳しくなります。
どうしても会社勤めより収入が安定していないと見られがちだからです。

もし法人カードを既に持っているのであれば、新たにキャッシングに申込むよりは現金化サービスを利用した方が便利です。
審査もありませんし、申し込んだからといって信用情報機関に登録されることもありません。

銀行ローンとの比較

銀行のローンは低金利なので、利用できたらとても便利ですよね。
しかし個人事業主にとって銀行からの融資を受けるのは、非常にハードルが高いことなのです。
絶対に無理ではありませんが、審査面は非常に厳しくなります。
書類も用意して受付から審査、融資に至るまで非常に時間がかかります。
今すぐ入金しなくてはいけないというときに、何日も何週間も待っていられません。
そんなときには即日カード現金化が便利なのです。

法人カードの現金化の仕方

法人カードは所属する社員に持たせて経費の支払いに利用ができるのですが、カード現金化に関しては経営者のみです。
社員が利用すると使い道を問われて立場が悪くなるので、経営者のみが利用しましょう。

使い方は簡単で、法人カードと身分証明書を用意するだけです。
事前にショッピング枠の確認と利用期限のチェックを行い、申込に必要な会社の連絡先などの情報をまとめておくとスムーズにいきます。
早ければその日のうちで現金を受け取ることができるでしょう。
また、法人専門にカード現金化を請け負っているところもあります。
法人対応が慣れている業者を選ぶのもポイントのひとつです。

個人カードと法人カード両方持っている場合

法人カードは還元率で優遇されているメリットがあるものの、現金化利用する金額が大きくなればその差もほとんどなくなります。
50万円以上であれば個人も法人もほぼ変わらなくなる業者もあります。

もし50万円以上利用する場合で個人カードも法人カードも両方持っている場合は、個人カードを利用した方がいいでしょう。
そもそもカード現金化して受け取ったお金は、会社の経費とは言い難いものです。

内訳を聞かれたら説明も難しいですし、会社の信用的を下げることにもつながりかねません。
そんなリスクを冒すよりは、個人カードの方が気楽なのです。
利用額が大きくて還元率も変わらないようであれば、敢えて法人カードを現金化する必要はありません。

まとめ

法人カードの現金化は可能で還元率が高いというメリットがあるものの、利用金額が高くなると個人カードとの差は無くなってしまいます。
いくら経営者だからといっても、会社名義であるクレジットカードを利用するときには慎重になりたいものです。
安易に使ってしまっては、肝心な経費のためのショッピング枠が無くなってしまいます。

この日までに入金しなければ取引がダメになる!そのような困った場面だけに使うようにし、すぐにその分の料金は支払うようにしましょう。
できるだけ法人カードのショッピング枠はいつも余裕のある状態にしておきたいものですね。


GOLD RUSH(ゴールドラ
評価:4.4
最高還元率:98.8%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
24キャッシュ
評価:4.3
最高還元率:98.8%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
換金クレジット
評価:4.2
最高還元率:96%
お申し込み
予めクレジットカードをご用意ください
GOLD RUSH(ゴールドラ 24キャッシュ 換金クレジット
評価:4.4
最高還元率:98.8%
評価:4.3
最高還元率:98.8%
評価:4.2
最高還元率:96%
お申し込み お申し込み お申し込み
※ご利用にはクレジットカードが必要となります。

関連記事

  1. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  2. 24キャッシュ
  3. あんしんクレジット
  4. 安心くん
  5. スマイルギフト
  6. 大吉屋
  7. ひまわりギフト
  8. ギフトクレジット
  9. パートナーギフト
  10. サンライフギフト