現金化利用でカード犯罪に巻き込まれるかもしれないリスクはある?

現金化利用でカード犯罪に巻き込まれるかもしれないリスクはある?

インターネット上ではあらゆる詐欺犯罪がはびこっています。
特にお金が絡むことは要注意です。
クレジットカード現金化もネット申込が主流となって、残念ながら悪徳業者の存在が増えてきていますね。
そこで現金化利用でカード犯罪に巻き込まれる可能性があるかどうかを見てみましょう。

クレジットカードの不正利用

カード現金化で一番心配なのが、クレジットカードの不正利用です。
クレジットカードはカード名義以外の人が使ってはいけませんが、カード番号など必要な情報を盗まれてしまっては簡単に他人に利用されてしまいます。
カード現金化ではその大事な情報が悪徳業者の手に渡ってしまうことが多く、カードの不正利用をされてしまうことがあるのです。

もちろん不正利用をする悪徳業者が一番悪いのですが、そもそもカード現金化もカード会社の利用規約に違反している行為です。
現金化目的で利用したあげく不正利用されてしまったということであれば、カードの再発行ができずそのまま利用停止になってしまう恐れがあります。

クレジットカードのコピーは渡さない

クレジットカードの両面には大事な情報が記載されています。
その情報が悪徳業者に渡ってしまうと不正利用されてしまいます。

何も分からない素人を利用し、カード現金化ではクレジットカードの裏表コピーを提出するようにと言われることがあります。
しかしこれはとても危険なことなのです。
もしカードの両面をコピーして第三者に渡してしまえば、その第三者はカードが手元になくても簡単にネットショッピングができます。

つまり、悪徳業者に自分のカードを使われてしまう恐れが高いのです。
酷い場合はカードを預かるといい、実物をそのまま受け取ろうとする業者もいます。
当然のことですが、クレジットカードのコピーは絶対に渡してはいけません。

ネット申込でも注意

今ではカード現金化もネット申込が主流になっています。
直接カードを預けることがないので安心だと思いきや、そこでも危険なことがあります。
まず、最初の申込フォームにカード情報は入力してはいけません。
国際ブランド名、有効期限、利用可能額ぐらいならいいですが、カード番号などは絶対に入力しないようにしましょう。

カード番号などが必要なのは、決済のときのみです。
カード決済は決済代行の会社が行うことが多いので、現金化業者に教える必要がありません。
また、決済するページがしっかりとセキュリティがかかっているかも大事です。
鍵マークが無かったりサイトのURLがHTTPSから始まって無かったりするようなサイトは気をつけましょう。

架空請求がくることもある?

これはカード詐欺とはちょっと違います。
しかしカード現金化サービスに申し込んだ後に、身に覚えのない請求がメールにて届くことがあります。
メールで届くような請求は架空請求であることが多いです。
身に覚えのない請求がメールで届くなら、警戒しましょう。

いったいどうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
それにはいくつか考えられるケースがありますが、主に考えられるのはメールアドレスの流出です。
カード現金化業者のセキュリティ意識が甘かったばっかりに、メールアドレスが流出してしまうのです。

もしカード現金化利用後にスパムメールやダイレクトメールなどが急に増えたというなら、メールアドレスは変更しましょう。
簡単にメールアドレスを変更できるようにするためにも、カード現金化申込時にはフリーメールアドレスを利用するのが安心です。

カード現金化でもスキミングされる?

スキミングとは、特殊な装置を使ってカード内部の情報を盗み取ってしまう行為のことです。
これは直接クレジットカードがなくてはできない犯罪です。
カード現金化サービスでスキミングされてしまう可能性があるのは、クレジットカードを現金化業者に手渡してしまうときです。

店舗型は安心といいますが、その店舗でスキミングされてしまっては不正利用をされてしまう原因となります。
スキミング被害を防ぐには、以下の方法があります。
・店舗型現金化業者は実績が長く信頼できるところを選ぶ
・請求書を常に細かくチェックする
・クレジットカード本体を郵送しない

万が一情報を抜き取られたとしても、請求書を細かくチェックすることで被害を最小限に抑えることもできます。
今はウェブ上から常にカードの利用状況が細かくチェックできます。
おかしいなと思ったらすぐにカード会社に連絡をしましょう。

クレジットカードの情報が漏れてしまったと思ったらどうする?

ついうっかりクレジットカードの情報が悪徳業者に漏らしてしまうこともあります。
もし情報が漏れてしまったことが分かったら、速やかにカード会社に連絡し利用停止をすることが大事です。

現金化しようとしたとカード会社に言わない方がいいでしょう。
ネットショッピングしようと思ったら詐欺だったようだとでも説明しておきましょう。

クレジットカードには盗難保険がついていることが多く、不正利用されてしまった場合の補償があります。
ただし利用者の過失があれば補償はなく、不正利用されてしまった分も支払い義務が発生してしまいます。

だからこそカードの管理や請求書のチェックは慎重に行わないといけないのです。
カード現金化を利用するには悪徳業者に引っ掛かってしまうかもしれないというリスクがあるので、常に気をつけるようにしましょう。


GOLD RUSH(ゴールドラ
評価:4.4
最高還元率:98.8%
お申し込み
安心くん
評価:4.2
最高還元率:98%
お申し込み
スマイルギフト
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み
GOLD RUSH(ゴールドラ 安心くん スマイルギフト
評価:4.4
最高還元率:98.8%
評価:4.2
最高還元率:98%
評価:4.1
最高還元率:94%
お申し込み お申し込み お申し込み

「現金化業者」をチェックする>>

関連記事

  1. GOLD RUSH(ゴールドラッシュ)
  2. 安心くん
  3. 換金クレジット
  4. ひまわりギフト
  5. あんしんクレジット
  6. 大吉屋
  7. パートナーギフト
  8. サンライフギフト
  9. 親和ギフト